\ フォローしてね /

長く大切に履き続けたい!ロングブーツの基本的な収納方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

ブーツは冬の必需品ですよね。
著者は北海道在住なので、冬のお出かけには毎回ブーツを履いて出かけるほどの必須アイテムです。

ピンからキリまでありますが、ブーツって決して安いものではありませんから、大切に長く愛用するために、ケアも必要ですよね。

単純ではありますが、著者の収納方法をご紹介します。

収納方法

履いた日は下駄箱に入れない

ポイント

冬場は表面に雪が付いたり、長時間履いて中が蒸れた状態になっているので、そのまま仕舞わず、目立つ汚れは拭き取り、最低でも次の日までは出しておきます。

湿った状態で下駄箱に入れると、カビが生えてしまうこともありますのでご注意ください!!

以前に風水の本で『必要以上に玄関に靴を出していると幸運が入ってこない』というのを目にしたことがあり、著者宅では玄関に出しておける靴は原則1人1足までとしています。

仕舞うタイミング

ポイント

違う靴を出した時に、出ていた靴を仕舞うようにしています。
ただし、ブーツは場所も取りますし、何より型崩れしやすいので翌日に履かなければ仕舞っています。

仕舞い方

ポイント

まず、臭い防止になる10円玉を入れます。

なるべく通気するようにファスナーは開けておき、厚紙や新聞紙(湿気対策にもなります)などを筒状にして入れ、ブーツキーパーや洗濯バサミで留めておきます。ブーツの収納で一番気がかりなのは型崩れだと思いますが、これで型崩れを防ぐことができます。

後は季節を問わず、出番が来るまでそのままです。

下駄箱の縦長の場所をブーツ専用の収納場所にして、立てて入れています。

厚紙や新聞紙を入れることでひっかけておかなくても倒れて型崩れすることもありませんし、トレイの上に乗せておけば取り出す時も引き出せるので入れ替えも簡単にできますよ。

下駄箱が小さくて入らない場合は、購入したときの箱に入れてクローゼットなどに入れておくと良いですよ。

おわりに

すぐできますので、ケアをしてお気に入りのブーツを大切にしてくださいね。

ぜひ、ご参考にしてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。