\ フォローしてね /

重曹とクエン酸を使って~お風呂の排水口の目皿の掃除方法

著者が実践しているお風呂の排水口の目皿の汚れの掃除方法を紹介します。

用意するもの

  • 重曹
  • クエン酸
  • 水を入れた霧吹き
  • 使い古しの歯ブラシ
  • ビニール袋

毎日の掃除方法

STEP1

まず、目皿にたまっている髪の毛などのゴミを歯ブラシで取り除きます。

STEP2

ビニール袋にゴミを入れ、ゴミのない部分を利用して歯ブラシについた髪の毛などをとってしまいます。あとは軽く歯ブラシで周囲をこすっておきます。

毎週~隔週に1度の掃除方法

STEP1

毎日の掃除法を行った後、目皿全体に重曹をふりかけます。

STEP2

さらにその上からクエン酸をふりかけます。

STEP3

霧吹きで水を全体に吹きかけます。

STEP4

しゅわしゅわと発泡してきます。反応がおさまってくるまで放置しておきます。

STEP5

歯ブラシで汚れた部分をこすり落とします。

髪の毛などがからんできたら、ビニール袋にこまめに捨てるようにしてください。中へ押し込んで流してしまうと詰りの原因になるからです。

STEP6

シャワーで流します。

終了!

すっきりしました!

夏場は週に1度、冬場は隔週に1度程度行っています。

おわりに

著者は目皿の上についている蓋を1年ほど前から使っていません。

理由は汚れが目に入らないと掃除を先延ばしにしてしまうので、いざ掃除をする時に大変なことになってしまうからです。

また、夏場は通気性が悪くなるため、カビの原因にもなることに気が付きました。

毎日髪の毛などのゴミをとり、少しこするだけなら1分程度で済みますし、ひどい汚れ方はしなくなったので、掃除ははるかに楽になりましたよ。

ただし、蓋には石鹸などを落とした時のストッパーの役目もありますし、たまった髪の毛は隠しておきたい場合もあると思います。その時は蓋もしっかり掃除するようにしましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。