1. コミュニケーション
    2. 忘年会・新年会などの宴会で楽しめる「名前当てゲーム」のやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    忘年会・新年会などの宴会で楽しめる「名前当てゲーム」のやり方

    このライフレシピのもくじたたむ

    宴会で盛り上がるゲームです。このゲームで盛り上がれば、話題もたくさん増えますよ!

    用意する物

    有名人の名前を書いた紙

    できればその年にスキャンダルなどがあった有名人を選ぶと話題が増えるでしょう。参加人数分、全て違う名前で用意してください。

    方法

    STEP1

    参加者に同じ人数のグループを作ってもらいます。人数はこだわりませんが、できる限り全てのチームの人数が同じになるよう配慮してください。4~5人くらいで作ることができれば良いと思います。

    出来れば、チーム数は多い方がいいのですが、最低でも3チーム以上あれば盛り上がることはできます。

     STEP2

    出来上がったチームで、どのような順番でもよいので一列に並んでもらいます。できるだけまっすぐ並んでもらいましょう。

    STEP3

    参加者全員に目を閉じてもらい、事前に用意しておいた有名人の名前を書いた紙を背中に貼っていきます。

    STEP4

    全ての参加者に貼り終わったら、参加者に目を開けて貰います。参加者一人一人は、前の人の背中に書いてある名前しか分かりませんね。

    1番目の人に貼ってある名前が分かるのは、2番目の人と言うことです。2番目の人に貼ってある名前がわかるのは3番目の人ですね。

    STEP5

    司会者がスタートの合図をだします。

    STEP6

    2番目の人が1番目の人の名前を見て、1番目の人にヒントをだして名前を当てて貰います。もちろん、名前をそのまま言ったら失格です。

    その有名人のの特徴をつかんだジェスチャーやものまね、出来事やスキャンダルなどがヒントとしていいです。

    STEP7

    1番目の人がヒントを聞いて名前を当てることができれば、一番後ろに回ります。その時、名前の書かれた紙ははがしてくださいね。3番目の人が2番目の人へ。4番目の人が3番目の人へと続けていきます。

    STEP8

    最後の人に貼ってある名前を1番目の人がヒントをだして、正解し、1番目の人が先頭に戻れると終了です。

    一番早く全員が名前を当てたチームが優勝です。

    おわり

    どうですか?一年のニュースなどを使っても楽しいと思いますよ。

    このライフレシピを書いた人