\ フォローしてね /

一人暮らしの狭い部屋を広くみせる3つのルール

著者は、6畳のこじんまりとした部屋に住んでいます。しかし色々なインテリア雑誌を読み、これが6畳!?と思えるような素敵なお部屋をたくさん拝見しました。今回は、そんなお部屋たちがかならず守っていたルールをご紹介します。

コーディネート方法

模様替えや、家具購入の前には必ず以下のルールを意識しましょう。

1:部屋は正方形を意識

まず、家具などを配置して、残るスペースが正方形になることを意識します。

下図は、同じ部屋に同じ家具を置いた例ですが、左の部屋は残るスペースが正方形になるよう意図しました。左の部屋のほうが広いように感じるはずです。

2:目線はなるべく低く

また、目の高さよりも高い家具は、圧迫感を生むため、必要以上に部屋を狭苦しく感じさせてしまいます。なるべく家具は低いものを選びましょう。

洋風テーブルではなく、和風の座卓の生活スタイルにするのも一案だと思います。そういえば座卓って落ち着きますよね!

3:色の統一感

色がばらばらだと、統一感が生まれないため、部屋を狭く感じさせる一因になります。とくに家具やカーテンなど、大きな面積をとるものは重要。なるべく同じ色を選ぶことで、スッキリとした見た目にすることができます。

ポイントとなる家具・家電・インテリア小物・カスタマイズ用品などの紹介

スタッキングシェルフ(無印良品)

スタッキングパーツ(無印良品)

万能シェルフです!著者はこのシェルフを横置きにして、1BOXを本棚として、また他のBOXはこのシェルフにぴったりの引き出しを入れて収納として、使用しています。

あるようでなかった、シンプルな家具です。著者も散々探しましたが、ここまでスッキリしたデザインはどこにもありません。

また、向こう側(壁側)が見えますので、壁の面積が広くみえる=部屋が広く感じる、効果も生まれました。

とにかく拡張性の豊富さが魅力です。

過ごしやすさ・不便な点

著者は以上のポイントを意識することで、狭い部屋でも快適に過ごせています。ただ、家具を追加しようと思ったときに、同じメーカーのものを探さないと、違和感が出てしまい、大変でした。

最近では無印良品の家具に統一することで、解決しています。今後はこちらの家具や収納用品がシンプルで機能的で気に入りましたので、使い続けたいと思います!

注意点

その他のアドバイスとしては、床に物を置かないことを意識しています。床の面積がなるべく多く見えることで、3番の色の統一感による効果も得られ、部屋が広く感じられます。

おわりに

ぜひ試してみてくださいね!

(photo by 足成)(イラスト by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。