\ フォローしてね /

女性の荷物は多くなりがち...バッグの中身を整理するポイント

携帯電話に財布、化粧道具やハンカチ、手帳、サニタリーグッズのみならず、女性は手荷物がどうしても多くなってしまいますよね。バッグの中身も気がつくと乱雑になっていること、多いのではないでしょうか。

著者が実践している、バッグの中身を整理するコツをいくつかご紹介します。

バッグを整理する為に用意したいもの

小さめのポーチ

化粧道具を持ち歩くのに使うような、小さめのポーチをいくつか用意しましょう。

バッグ・イン・バッグ

バッグの中にいれてもよし、そのまま使ってもよし、という持ち手のついたバッグ・イン・バッグが流行しています。上記の小さめのポーチと合わせて、ひとつは用意したいですね。

整理するためのポイント

カテゴリーを分けてポーチで整理

著者は化粧道具の入ったポーチとサニタリーグッズの他に、バッグの中に2つのポーチをいれて整理しています。

  • ハンカチ、ティッシュ、ハンドクリーム、リップクリームなど、使用頻度が高くよく出し入れするもの

  • ゴムやシュシュ、ピン、裁縫セット、エコバッグ(小さく折りたためるもの)など、使用頻度はあまり高くないけれども、必要になるかもしれないものです。

小分けにすることですっきり見せることが目的ですが、ポーチの数そのものが増えて、何がどれに入っていたのかがわからなくなってしまっては本末転倒です。

自分で把握しきれるようなカテゴリー分けをしましょう。

バッグ・イン・バッグには貴重品など

著者の使用しているバッグ・イン・バッグはやや小さめで、通帳などが入るサイズです。通帳、印鑑、払込用紙、公的機関からの通知(料金のお知らせや、児童手当の通知)など、貴重品類をまとめることにしています。

銀行などの窓口に向かう際には、財布とこのバッグ・イン・バッグだけを持って出られるようにしています。

バッグについている内・外ポケットにも用途を決めて!

便利な内ポケットは、実は落とし穴です。すっと物を入れることが出来てしまう反面、チャックがついていなければバッグの中であっという間に散らばってしまいます。

出掛けた先なのでものが増えてしまった場合など、内ポケットに物を入れるのは仕方ないと思いますから、帰ってきたタイミングで、ぜひ内ポケットから用途以外のものを取り出してみてください。

外ポケットには定期、内ポケットには携帯とガム、など入れるものを予め決めてしまいましょう。

著者のバッグの中身

バッグの中に入っているものは以下の通りです。

財布、手帳、ポーチ2つ、化粧道具、バッグ・イン・バッグです。これをバッグに収めると以下の写真のようになります。

写真には写っていませんが、小さい内ポケットには携帯電話、大きめの内ポケットにはトローチとあぶらとり紙が入っています。基本的にはこの状態を維持するよう、心がけています。

整ったバッグの中身を維持するために

使ったらすぐにもとに戻す!

ポーチやバッグ・イン・バッグを使うと、バッグの中身は非常にすっきりして見えます。ただし、これは継続出来なければ意味がありません。

折角カテゴリーを決めて小分けにしたんですから、使ったあとはすぐに元に戻す習慣を身につけましょう!そうすると、バッグの中に小物がぽろりと散らばることもなくなります。

他人が見る事を意識して

基本的には、鞄の中身というのはプライベートなスペースですから、他人に見せる場面はあまりないと思います。ただ、何かを取り出すために鞄をひっくり返すようにして探すのは決してスマートとはいえないと思います。

中身を取り出す仕草と一緒に、鞄の中身も見られていると意識しておくと、整理する癖をつけるためのきっかけになると思います。

おわりに

財布ひとつで身軽に出かけていく男性を羨ましく思う事が多々あると思います。荷物を少しでも減らそうと鞄を小さくしても、結局必要なものが増えて鞄の中身はごちゃついてしまったりしますよね。

荷物が多くなるのは仕方のないことだと思います。中身が綺麗に整頓されていれば、たとえ中身が多くてもすっきりお出かけすることが出来るでしょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。