1. コミュニケーション
    2. 叱って育てる子育ても悪くない!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    叱って育てる子育ても悪くない!

    今の時代、子供の教育環境の変化などで、子供を育てにくい時代になってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。

    理不尽なことではなく、叱らなければいけないときに叱っても、それを「虐待」だと言われてしまったら…。

    そんな気持ちから、叱ることもできなくなってしまった親御さんも急増しています。

    子供は褒めて育てろという説もありますが、叱ることも大切だということを知っておきましょう。

    1:「叱る」と「怒る」は違うものだと理解する

    しつけることは親の役目です。でも、きちんと叱らなければという思いから、しかっているつもりでも、つい「怒ってしまう」親も多いですね。

    叱ることと怒ることは違います。子供の自立を促すことが、「叱る」ことなのです。

    2:厳しく怒っているのに伝わらないのはなぜか。

    それは、叱られた理由がわかっていないからです。叱られた理由がきちんと子供に伝われば、どうしたらいいのかを自分で考えられるようになるものです。

    3:怒ることで、ストレスが増えていく

    何度も何度も怒ることは、ストレスが増えることに繋がります。

    子供は叱られた理由がわからないため、同じことを繰り返すものです。悪いことをしているのに、褒めることなんてできませんよね。そこではしっかりと叱る必要があるのではないでしょうか。

    ただ、叱らなくてもいいところまで叱り飛ばしていては、それは子供がかわいそうだというものですよ。叱っているつもりが、怒りすぎている親にならないように気をつけるようにしてください。

    おわりに

    子どもは感情や要求をコントロールできない生き物です。

    成長しながら学んでいくのが子供ですので、子供の目線に立って感情や欲求のコントロールのしかたを教えてあげるようにしましょう。

    子供をしつける目的は、「するべき行動の優先順位を考えさせること」です。「指示・命令・指導」を繰り返ししかっていると、子供の心も成長しません。親の思うようにいかないから叱りつけるというのは、「怒っている」ということです。

    「叱る」のと「怒る」のは違うと理解することで、子供を上手に叱ることができるのではないでしょうか。

    このライフレシピを書いた人