\ フォローしてね /

基本的な掃除機のかけ方とちょっとしたコツ

今ではほとんどのご家庭にあるお馴染みの家電「掃除機」。

近年では様々なタイプの物が市販されていて、中にはロボット型まで登場していますが、ここでは筆者が「一般的に使われている掃除機のかけ方」について、ちょっとしたコツなどをご紹介します。

掃除機をかける場所や順番の目安

かける場所

掃除機をかける場所は床がメインですが、家の中のほとんどが対象となります。ただし、「高所で届かない」「狭くてノズルが入らない」など不可能な範囲もありますので、そういう場所はハンドモップなどを使いましょう。

また、掃除機をかける前に以下の2つを済ませると良いでしょう

その1:物を片付ける

部屋が片付いていれば、移動の際、障害も少なくなります。また、掃除をしながら片付けをすると、掃除機が稼働したままになりがちで電気代の無駄になります。掃除中にどうしても片付けをしたい場合には、スイッチは切ってから片付けましょう。

その2:化学雑巾やモップで埃を取る

掃除機をかけるのになぜ?と思われるかも知れませんが、ダニの死骸などが掃除機の排気で舞ってしまい、アレルギーの人などに対しては必ずしも掃除機を先にかけることが良いとはいえないそうです

できる限りゴミの飛散や浮遊を避けるため、先に簡単な拭き掃除で花粉やハウスダストを取り除いておく方が良いようです。また、拭くことによって掃除機をかける時間も短縮され、電気代の節約にもなります。

2.かける順番の目安

掃除機をかける順番は高い所から低い所へが基本です。普通は上で吸い取れずに舞い上がった埃は下へと落ちます。階段などは上から下へと行いましょう。

掃除機のかけ方

手順1:ノズルの動かし方

力を入れるとゴミが取れると思われがちですが、力を入れても掃除機の吸引力は上がりません。むしろ床面を傷つけたり、ノズルの損傷などにつながることもあります。片手で楽に持つイメージが良いです

また、掃除機のノズルは「ゆっくり動かす」が基本です。一カ所に対して早く動かしすぎると、ゴミが残ってしまいます。筆者は1メートル四方を1分くらいで行う気持ちでかけています。

ノズルは床面をゆっくり滑らせるというイメージで、ノズルを「前方へ押す、後方へ引く」という1往復でゴミを吸い取ると思ったほうが良いです。

手順2:目や目地に添って

畳の目、フローリングの目地などの埃を吸い取りやすくするため、目や目地と並行にノズルを動かしましょう。

カーペットやじゅうたんにも目があり、掃除機をかけやすい方向とそうでない方向があります。かけにくいと感じる方向は、パイル(先端部分)の抵抗があるということなので、できるだけかけにくい方向で、パイルを持ち上げて吸い取るようにしましょう。

カーペットやじゅうたんは、最初にかけた方向と直角に2度かけすると、パイルを違った方向に向けることができるので、吸い残しが少なくなると思います。

掃除機のお手入れ

手順1:吸い取ったゴミは早めに処理

掃除機の中のゴミは出来るだけ早く捨てましょう。吸い取ったゴミや埃に生き残ったダニがいたり、細菌が繁殖したりするときもあります。

紙パック式では、埃やゴミの溜まり具合と捨てるタイミングとの折り合いが難しいので、不経済にならないように配慮しましょう。

また、捨てた後はゴミの溜まっていたところを拭いておくと良いです。洗剤などが使えない掃除機もあるので、取扱説明書で確認しましょう。筆者はゴミを捨てる毎に化学雑巾などで拭いています。

手順2:本体やホース

掃除機のタイプによって違いがあります。サイクロン式にはフィルターがあり、定期的なお手入れや交換が必要なものもあります。取扱説明書をよく読んでお手入れをしましょう。

注意すること

掃除機をかけるときは、換気をしましょう。窓を開ける場合は1カ所ではなく最低でも2カ所を、埃などが舞い上がらない程度に開けます。

掃除機の排気がノズル方向に向かないようにします。吸い込もうとしているゴミが飛ばされてしまいます。また、排気側を掃除のかけ終わったほうに向けておくことにも注意を払いましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?今回の記事を元に、皆さんが掃除機をかけるときの参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。