\ フォローしてね /

羽毛布団を正しく干して長持ちさせるコツ

寒い夜にふかふかの温かい羽毛布団はとても気持ちがいいですよね。羽毛布団は適切にお手入れすることにより、何年も使用することができます。

こちらでは、大切なお布団を長持ちさせる天日干しのやり方をお教えいたします。

布団を干すことの効果

布団を干すことで、以下の効果が期待できます。

  • 布団がふっくらする
  • 臭いがなくなる
  • ダニ、カビ対策
  • 殺菌効果

布団が干しやすいスタンドなどがあるので、活用していきましょう。

天日干しのやり方

2週間に1回くらいは天日干しをしましょう。夏は10時以降または午前の時間帯で、冬は10時~2時の時間帯で干します。1時間干して裏返してまた1時間と、表裏均等に干します。

STEP1:布団カバーをつける

布団カバーをつけることで、布団側生地の色あせや傷みを防ぎます。

花粉、放射能の飛散が気になる場合は、布団干し袋を利用するといいです。黒い布団干し袋なら、太陽熱で内部が高温になり、ダニ対策にもなります。

STEP2:干す

このようなX型の布団干しを使用すると、布団の風通しもよくなるので、おすすめです。

布団の面が太陽に向くように干すと、効率よく干せます。

STEP3:取り込む

湿度が高くなる前に早めに取り込みます。

このとき、表面についたごみなどを軽くはらってから部屋に入れます。気になる場合は掃除機をかけるといいでしょう。

羽毛布団はたたいてしまうと、内部の羽毛が壊れて布団の寿命が低下するので、気を付けてください。

STEP4:部屋の中でしばらく広げる

部屋の中でしばらく広げておくことで、熱を発散させます。

毎日のお手入れ

風通しを良くする

普段は窓を開けて風通しを良くするだけで良いです。起きたら布団をめくっておいて、布団にこもった湿気を逃がしてあげます。そして部屋の窓を開けてちょっと風を通してあげれば十分に乾燥します。

天然素材特有のにおいが気になるという方は、布団を軽く押して中の空気を入れ替えるようにするといいですよ。

おわりに

羽毛布団はもともとが湿気が中に溜まりにくい素材なので、他の布団のように頻繁に天日干ししなくてもいいのがうれしいですね。

正しくお手入れしていつまでも気持ち良く使いましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。