\ フォローしてね /

ニュージーランド短期留学でかかった費用について

著者が2週間の休暇を利用して、ニュージーランドの南島クイーンズタウンにスキー留学へ出かけた時の費用について紹介します。

留学経験について

行った時期: 日本の夏休み

ニュージーランドは南半球なので、日本が夏の時期は真冬です。会社の夏休み休暇を利用して渡航しました。

期間: 2週間

7月最終週の土曜日に成田から出発し、2週間現地に滞在したのち日本に帰国しました。

住んだ場所: ホームステイ

語学学校が手配してくれたホストファミリー宅にお世話になりました。留学目的が英語+スキーのコースだったので、紹介先に気を配ってくれました。若いご夫婦のみの家庭で、スキー場から約30分、語学学校へは20分という交通の便のよいロケーションでした。スノーボードが大好きなご主人とスキーが好きな奥様だったので、初日からスキー場へ連れて行ってくれるなど趣味がとても合うベストな環境でした。夜はご夫婦とタウンの中心地にあるパブに飲みに行ったり、大人なつきあいもエンジョイしました。

ホストファミリーの希望を出すときに、同じ趣味を持つご家族をリクエストすると、趣味を通じてホストとの交流が深まると思います。

留学にかかった費用

学校関連費用: 授業料+ホームステイ費用

入学金$150(¥11,250)、授業料$550x2週間(¥82,500)、滞在先手配料$200(¥15,000)、ホームステイ代$230x2週間(¥34,500)、空港出迎え料$60(¥4,500)の総合計$1,970(¥147,750)でした。(NZ$1=¥75で換算)

英語の授業は午前中に受講し(TOEICの上級コース)、火・木・金の午後はスキープログラムの学生全員でスキー場へ行くというコースで、スキー場までの交通移動は学校のバスで、リフト代も含まれています。スキー用具はホストが貸してくれたので費用はかかりませんでした。

ホームステイ代には朝・晩の2食が含まれます。お昼は学校近くのカフェで食べたり、自分でサンドイッチなどを購入しました。

滞在中の雑費:食事代、電話代、交際費、交通費

滞在中に使った雑費は、ランチ1回$5(¥375)程度で、2週間のトータルで約$50(¥3,750)。土日はホストと朝昼合体のブランチを食べていたので費用はかからず。気の合う語学学校の学生と夜間にパブで夕食を食べたり、ホストと晩御飯の後に飲みに出たりしたので、その分の出費が2週間で約$150(¥11,250)ほどかかりました。

電話代は日本の家族へ一度連絡したときに$20(1,500)のテレフォンカードを購入。交通費は学生仲間とスキー場へバスで移動した時の2週間のうち4回ほどで約$20(¥1,500)でした。

雑費は総合計$240(¥18,000)でした。

ホームステイには食費が含まれていますが、自分の都合で外食した場合の外食は自己負担です。食べない分の食費返金などはありません。ホストと一緒に外食した場合は、ホストの好意で負担してくれましたが、通常は割り勘だということです。

旅行費用:航空チケット代、海外保険、お土産代

飛行機のチケットは、JALの14日間往復の早割プランを予約して購入。費用はサーチャージ含め¥250,000でした。海外保険は2週間ですが¥10,000のものに加入。一番お金がかかったのがお土産代です。会社の同僚、上司と家族、友人へのお土産代が総額¥40,000かかりました。

旅行費用の総合計は¥300,000となりました。

夏休みは飛行機代が高額になります。休暇の日程を決めたら飛行機の予約は早めにして、スーパーセーバーなど割安のチケットをゲットしましょう。

費用まとめ: 出費総合計は・・・

以上、ニュージーランドの短期留学にかかった費用について紹介しました。この留学費用と旅行費を合わせると、総支出は¥465,750となります。ニュージーランド現地での費用がかからない割に、航空チケットやお土産代などの旅行に出費がかさむのが、ニュージーランド留学の特徴かなと思います。

おわりに

著者は、会社の休暇日程の開始と終了日が限定されていたために、飛行機の予約も安い日付が選べずやや高額のチケット代を支払いました。学生であればハイシーズンを避けるか、シンガポールやマレーシア、もしくは韓国等の航空会社の経由便を使うなら、経由した分の日数はかかりますが費用は安く上がります。

また、お土産は現地のスーパーなどを利用するとよいものが安く手に入ります。ニュージーランド名産品の蜂蜜は、お土産屋さんで販売している物と同じものが、スーパーでは半額以下で地元の人向けに売っていますので、ラッピング等が気にならなければおすすめです。

賢く、より安く、かつ楽しい留学体験をしてくださいね!

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。