\ フォローしてね /

エアコンの室外機のお掃除方法

このライフレシピのもくじたたむ

エアコンの冷え具合が悪いときは、業者さんにお願いする方もいらっしゃると思います。冷媒ガスが抜けた場合は素人では無理ですが、室外機の汚れが原因という場合は、ちょとした掃除をすると改善されます。

ここでは、筆者が実践したエアコンの室外機のお掃除方法をご紹介します。

機種やメーカーによって、専門業者以外はお掃除ができない場合もあります。付属の取扱説明書をよく読んで確認しましょう。

用意するもの

  • 使い古しの歯ブラシ.....1本
  • 掃除機.....1台(付属の先細ノズルと丸ブラシも用意)

掃除のやり方

エアコンの冷えが悪くなる原因の1つに、室外機の背面にあるアルミフィンにゴミや埃が付着している場合があります。そんなとき筆者は、以下の要領でお掃除をします。

ただし、背面と壁などの隙間が狭く手が届かないときは、室外機を無理に動かさずに、専門業者さんに任せましょう。

室外機に接続されている配管や配線を無理に曲げたりしてはいけません。また、お掃除するときはエアコンの電源を切っておきましょう。

STEP1:汚れを吸い取る

掃除機に丸ブラシを着け、アルミフィン全体のゴミと埃を吸い取ります。

アルミフィンはちょっとした力を加えるだけで曲がってしまうので、丸ブラシの毛先以外をフィンに当てないように注意しましょう。

STEP2:歯ブラシなどで仕上げ

STEP1で取りきれなかった、アルミフィンに付着しているゴミや埃は、アルミフィンの目に添いながら歯ブラシでかき出し、その都度、先細ノズルを付けた掃除機で吸い取ってゆきます。

このときも歯ブラシのプラスチック部や先細ノズルを、アルミフィンに当てて曲げないように注意します。

掃除のタイミング

年に1度は行うと良いのですが、汚れ具合を時々チェックすることをオススメします。筆者はエアコンを使わない春か秋に行うようにしています。

雨などで濡れたままになっているときは行わず、アルミフィンが乾いているときに行いましょう。また、掃除をする前に水をかけたりするのは、アルミフィンの埃が取りにくくなるので止めましょう。

長期間使用しない場合は、室外機にカバーをかけると良いです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?室外機をお掃除して、エアコンで快適に過ごすための参考にしてみてください。

(image by 足成)
(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。