\ フォローしてね /

トリックアートを満喫!大人も子どもも楽しめる「旧軽井沢森ノ美術館」のおすすめポイント

涼を求めて夏に軽井沢に旅行に行ったとき、偶然面白い美術館を見つけたのでご紹介したいと思います!

長野県旅行の詳細

2012年8月下旬に、恋人と1泊2日の日程で長野の軽井沢と、群馬の草津・伊香保方面を旅行してきました。宿泊先は、草津温泉の旅館です。旅の目的は、観光スポット巡りと温泉巡り、その土地の美味しいものを食べることでした。

トリック満載!「旧軽井沢森ノ美術館」

早速ですが、上の写真、サメが飛び出ていたり、引き出しを実際に開けているように見えませんか?「旧軽井沢森ノ美術館」にはこのような目の錯覚を利用して楽しむトリックアートが数多く展示されています。

絵などの展示物を見るだけでなく、記事トップの写真のように展示物の中に入って、そのトリックが際立つような写真を記念に残すこともできます。とにかく一つ一つのトリックが面白いので、訪れた人は自分の同伴者にポーズを取らせ、写真を撮るのにみんな忙しそうでした。

  • 行き方:軽井沢駅より徒歩約15分
  • 見どころ:記事トップの写真にあるような大型のトリックルーム
  • 予約:必要なし
  • 入館料:大人1500円、小中高生800円
詳しくは、「旧軽井沢森ノ美術館のホームページ」にてご確認下さい。

この美術館のよかったところ、イマイチだったところ

よかったところ

絵などの展示物に直接触れることができ、どういうトリックになっているのか確かめられるところがよかったです。面白いトリックアート写真をたくさん撮ることができ、旅の良い思い出となりました。

イマイチだったところ

入館料が少し高めだなと思いました。観覧後に、ケーキとコーヒーのサービスがついてくるのですが、そのサービスを無くしてもう少しリーズナブルな入館料にしてくれるとさらに嬉しいなと思いました。

観光に関するアドバイス

大人も子どもも楽しめるスポットだと思うので、ぜひ家族連れで訪れてほしいです!写真を撮りながらゆっくり見て回ると1時間以上かかるので、ぜひ時間に余裕を持ってお越し下さい。また、この美術館が面している旧軽井沢銀座通りには、美味しいグルメやお土産屋さんが集中していますので、合わせてお楽しみ下さい。

おわりに

帰ってから写真を整理していると、この美術館で撮った写真の数が圧倒的に多くてビックリしました。皆さんも、ぜひお気に入りの1枚を残しにこの美術館を訪れてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。