\ フォローしてね /

編み針不要!指編みで子供用マフラーの作り方

編み針が要らないので、毛糸さえあればすぐに編めるのでお子さんと一緒に楽しむこともできます。

ここでは、指編みで編むマフラーをご紹介します。子供用なら30分で充分な長さを編むことができるでしょう。

用意するもの(サイズ…約200センチ弱)

  • 極太の毛糸1玉

編み方

STEP1:親指に巻きつける

左の手のひらを自分に向け、親指に毛糸を3回程巻きつけ動かないようにします。

STEP2:互い違いに糸を通す

写真のように、人差し指の前を通り中指の後ろ、薬指の前を通り小指の後ろ…と互い違いに糸を這わせます。

STEP3:反対側に糸を通す

今度は反対に、小指の前を通り薬指の後ろ、中指の前を通り人差し指の後ろへ糸を這わせます。

これで土台が完成です。

STEP4:編み始める

後ろから回した糸は、土台の上に置きます。

土台の糸を右手で軽く持ち上げ、糸がかかっている指を軽く曲げ持ち上げた毛糸にくぐらせて指の後ろに回します。

人差し指・中指・薬指・小指の順に 全て同じ動作で指をくぐらせます。

STEP5:すべての指に巻く

1列完成。

STEP6:編み続ける

小指まで編んだ糸を、手の甲側からぐるっとまわし、また土台の上にもってきます。

1列目と同様に編み、また糸を回し人差し指から編みます。

編み続けると、裏側はこのような状態。完成図が想像しずらいと思いますが、大丈夫です。

編み終わり

少し短いくらいに編んだら、30センチくらい糸を残して余った部分は切ります。

糸をまた手の甲から回して、今度は人差し指の土台の下をくぐらせ、そのままひっぱるように指から抜きます。

中指も同様。小指まで進めて、全部の指を外します。

両端をひっぱると、くるくるくるっと編地がまとまります。

想像以上に伸びて、長くなります。

ところどころ編地が乱れている部分は、軽く手でもむようになじませるとキレイになります。

完成!

これで出来上がりです。

アレンジもできる

細いのでクルクルと何重かに巻くと暖かいです。同じ長さで数本作り、横に並べて繋げると太いマフラーも出来ます。

両端を結んで輪にしても良いし、両端にポンポンをつけるのもかわいいです。筆者は輪にしてつなぎ目にポンポンをつけています。

4コマで解説!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。