1. 暮らし
    2. 押入れの奥行きを有効利用する収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    押入れの奥行きを有効利用する収納方法

    筆者が押入れの下段で実践している収納方法をご紹介します。

    奥と手前に分けて収納

    奥には、あまり使わないもの

    奥には、カラーボックスを横にして置いたものや、段ボールなどをスペースに合わせて組み合わせて設置しています。

    そこには、

    • たまにしか読まないけど保管したい雑誌(筆者の場合は手芸本など)
    • 卒業アルバム
    • 買い置きしているバスタオル

    などめったに使わないものを置いています。

    手前には、キャスターの付いたもの

    手前には

    • スーツケース
    • キャスター付きのケースに入れた雑誌

    など動かしやすいものを置いています。

    この収納方法のメリット

    手前がキャスター付きなので、奥のものを取り出すときに便利です。奥も置いてあるものが一目で分かるように収納しているので、探しやすくなっています。

    おわりに

    押入れの中は意外にホコリがたまりやすい場所です。キャスター付きのものは掃除をするときも動かしやすいので便利ですよ。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人