\ フォローしてね /

オージービーフでもOK!赤ワインプラスで美味しい牛丼の作り方

やすい輸入牛の臭みを抑えようとワインをプラスしたら、大成功。臭み消しとコクのプラスになったようです。

材料(2人分)

  • 牛肉:150g
  • 玉ねぎ:100g(大き目の玉ねぎ半量程度)
  • 鷹の爪:1本
  • ワイン:50cc(赤ワインがない場合には料理酒でも可)
  • 本だし:小匙1
  • 醤油:大匙3
  • 砂糖:大匙3
  • 水:50cc

作り方(調理時間10分)

STEP1:具材の準備します

玉ねぎを1mm厚に、牛肉は一口大に、鷹の爪は輪切りにします。

STEP2:具材を炒めます

中火で、牛肉から炒め、7割ほど色が変わったら玉ねぎを入れて炒めます。

このような感じ。

STEP3:煮込みます

鷹の爪を加え、ワイン、本だし、醤油、 砂糖、 水を加え中火強で煮込みます。著者は2分程で火を止めますが、濃い味がお好きな方はここで好みの濃さに煮詰めてください。

アルコール分を飛ばすとともに、好みの濃さまで煮詰めます。

上手に作るためのポイント

玉ねぎを薄く切ることがポイント。クタっと煮えて、ご飯とのからみがよくなります。

ピリっとした辛さがすきなので、始めから鷹の爪をいれていますが、お子様のいるご家庭では、鷹の爪は入れずに、食べる直前に一味(または七味)唐辛子をかけると良いでしょう。

さいごに

お好みで、長ネギの小口切りや温泉卵をトッピングしても美味しくいただけます。ぜひお試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。