\ フォローしてね /

野菜室の大掃除!残り野菜を使ったお好み焼きの作り方

お好み焼きは昼食や子供のおやつにささっと作れて手軽なワンプレート料理ですよね。野菜室の残り野菜を使ったお好み焼きの作り方を紹介します。

材料(2枚分)

  • 小麦粉:100グラム
  • おから:40グラム
  • 魚肉ソーセージ:1本
  • 卵:1個
  • ブロッコリーの茎:1本分
  • 大根葉:適量
  • キャベツの芯:適量
  • 水:200cc
  • 和風だし(顆粒):小さじ1
  • 塩:少々

トッピングの材料

お好みソース・マヨネーズ・鰹節・青のりなどお好みで

作り方(調理時間:30分)

STEP1:材料を切る

ブロッコリーの茎は粗みじん、大根葉は3mmのざく切り、キャベツの芯は千切り、魚肉ソーセージは3mm厚のいちょう切りにします。

STEP2:タネを作る

ボールに卵・小麦粉・おから・和風だし・塩・水を入れ混ぜます。

STEP3:具を加える

タネの中に野菜・魚肉ソーセージを入れ混ぜます。

STEP4:焼く

中火で熱したフライパンに小さじ1の油をしきタネの半量を入れお玉で丸く伸ばします。

STEP5:裏返して焼く

底面にこんがり焦げ目がついたら裏返しもう片面も同様に焼きます。

完成!

皿に盛りお好みのものでトッピングすれば出来上がりです。

上手に作るためのポイント

お好み焼きは分厚くすると火の通りが悪く、中まで焼けない場合があります。ある程度薄めの方がさくさくして香ばしく焼けます。

さいごに

捨ててしまいがちな野菜の部分ばかりを使って立派な一品が出来ます。とても美味しいお好み焼きになりますよ。捨てることなく大切に食べる習慣をつけたい人におすすめです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。