\ フォローしてね /

ハワイアンズだけじゃない!福島・いわき市のホットスポット・小名浜体験談

いわきといえば“スパリゾートハワイアンズ”が有名ですが、今回はそれ以外の魅力も探ってみようと思い旅してきました!

旅行の概要

2013年1月上旬に、彼氏と1泊2日の日程でいわき市の湯本温泉と小名浜エリアを旅行してきました。宿泊先は、いわき市内のビジネスホテルです。旅の目的は、観光スポット巡りと温泉巡り、その土地の美味しいものを食べることでした。

筆者のいわき旅行の“見・食・浸”おススメポイント!

1:“見てよし!”『アクアマリンふくしま

いわき市を訪れるなら絶対に外せない場所の一つです。4つのフロアからなるこの水族館では、古代の海や珊瑚礁の海などテーマごとにさまざまな水生生物の生態について学ぶことができます。

特にイチオシなのは、2階にある潮目の大水槽で、ここでは1万匹以上のマイワシの群泳や、カツオやマグロの悠々とした力強い泳ぎを見ることができます!

2:“食べてよし!”『いわき・ら・ら・ミュウ』の海鮮食堂

いわき市・小名浜といえば、やはり海の幸ですよね!『いわき・ら・ら・ミュウ』には、小名浜で採れた魚介が並ぶ“おさかな工房”や、海鮮丼などの海の幸を売り物にした食堂やレストランが多数軒を連ねています。

筆者は、その中で『漁師の店 やまろく』というお店に入り、上記写真の刺身定食(1680円)をいただきました!!水揚げされたばかりのお魚はどれも新鮮で、甘味があってとっても美味しかったです。

3:“浸かってよし!”いわき湯本温泉『さはこの湯

折角のいわき旅行なので温泉も楽しみたいと思って行ってきました。いわき湯本温泉は、道後温泉・有馬温泉とともに、日本三古湯の一つに数えられている大変歴史ある温泉です。

『さはこの湯』は江戸時代の建築を再現した立ち寄り湯で、筆者が出かけた日は大変な混雑ぶりでした。こじんまりとした八角形の檜風呂から上を眺めると、天井が大変高くてのびのびとした気持ちになりました。

お風呂上がりはさっぱりスベスベで、気持ちよかったです。

いわき旅行のよかったところ、イマイチだったところ

よかったところ

上述したように、“見・食・浸”全てのポイントにおいて筆者は満足させられ、その楽しみ方のキャパシティの大きさに感動しました。特に、海の幸やスイーツなど“食”に関する満足度が高い町でした。

イマイチだったところ

イマイチだったなぁと思うところは、年始に出かけたから仕方ないことだとは思いますが、温泉がすごく混んでいてゆっくり入れなかったことです。今度はオフシーズンにゆっくり浸かりに行きたいなと思います。

いわきエリアを旅行する人に向けてアドバイス

筆者は今回行きませんでしたが、『スパリゾートハワイアンズ』を楽しみたいのであれば1日コースで考えて下さい。フラ&ポリネシアンショー以外にも、ウォーターパークやレストランなども充実しているので、駆け足で訪れるのはもったいない場所です。

小名浜では、冬の味覚の代表格であるあんこうがたくさん水揚げされ、界隈のお店で絶品のあんこう料理が頂けますので、ぜひその季節に訪れてほしいです。

おわりに

震災から見事に復興を遂げつつある姿を見ることができ、思い出に残る旅となりました。いわき市は、観光スポットだけでなく、グルメや温泉も充実している素敵な場所なので、皆さんもぜひ一度遊びに行ってみて下さいね!!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。