\ フォローしてね /

ペットボトルでできる!手首を鍛える筋トレ法

ペットボトルを用いた手首を鍛える方法

手首は日常のなかでも使われる部位で、鍛えていないとパソコンをするだけでも疲労がたまりやすくなります。ここでは、ペットボトルを用いた筋トレ方法を3つご紹介します。

用意するもの

  • ペットボトル(水が入ったもの)

ペットボトルを用いた手首の鍛え方~その1~

STEP1:手のひらを上に向けた状態でペットボトルを持つ

力を加えずに、優しく持ってください。

STEP2:手首だけを動かして、手前に引くように動かします。

ゆっくりと手前に動かし、10回繰り返してください。

手首だけで動かし、余計な腕や肩は動かさないように。

ペットボトルを用いた手首の鍛え方~その2~

STEP1:手の甲を上に向けた状態でペットボトルを持つ

STEP2:手首だけを動かして、手前に引くように動かします。

ゆっくりと手前に動かし、10回繰り返してください。

STEP1同様、手首だけを動かすようにしてください。

ペットボトルを用いた手首の鍛え方~その③~

STEP1:ペットボトルを立たせるように持つ

STEP2:手首だけで前に倒すように動かす。

ゆっくりと前に倒し、10回繰り返してください。

ポイント

手首は痛めやすいので、始める際には事前にほぐしてあげてください。

  • 力を抜いて手をぶらぶらと振る
  • 両手を組んで手首を回すように動かす

以上の2点を行うだけでも、良い事前準備になります。必ずこれを行った後に、手首を鍛える運動を行いましょう。

おわりに

著者はペットボトルから始めて、ダンベルをもって行っても大丈夫なまでに至りました。手首が弱い頃は重いものや、パソコンをやっているだけでも痛みを感じていましたが、今は痛みを感じずに行うことができます。

手首を鍛えようと思っている方は、この簡単に鍛える方法をお試しください。

(illust by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。