\ フォローしてね /

金柑の甘露煮の作り方

甘露煮とは、小魚をしょうゆ、砂糖、水飴などで甘辛く、つや良く煮詰める料理法で、飴煮とも言われます。筆者は滋賀県のモロコの甘露煮を、お土産にいただいたことがあります。

それともう一つ、しょうゆを加えずに、果実を砂糖と水で甘く煮詰めたものも、甘露煮と言われます。お正月前には「栗の甘露煮」の瓶詰めをよく見かけますね。

ここでは、後者の「金柑の甘露煮」の作り方をご紹介します。

材料

  • 金柑 300グラム
  • 砂糖 80グラム
  • 焼酎 2カップ

作り方[調理時間(80分)]

STEP1:金柑を洗う

金柑の皮を、流水でよく洗います。この時にへたも取ります。

STEP2:切れ目を入れる

金柑1個に4~6カ所切れ目を入れます。深く入れすぎて、皮を切り離さないように注意してください。

STEP3:下ゆでする

沸騰したお湯に入れ、1分ほど茹でます。理由としては、皮を軟らかくして、種を取り出しやすくするためです。

STEP4:種を取り出す

金柑の上下を軽く持ち、開いた切れ目に竹串を差し込み、中の種を取り出します。

STEP5:形を整える

左のようにつぶれた形を、右のように整えます。

STEP6:焼酎を煮立たせる

鍋に焼酎を煮立たせます。

水でも構いませんが、焼酎の方がまろやかに仕上がります。

STEP7:金柑を鍋に入れる

金柑を鍋に並べ入れます。

STEP8:あくを取る

あくを取りながら、5分ほど煮ます。

STEP9:焼酎を足す

焼酎が減ったら、ひたひたになるまで足します。(分量外)

STEP10:砂糖を加える

再び煮立ってきたら弱火にします。砂糖を、その都度しっかり溶かしながら、2~3回に分けて入れます。

STEP11:煮詰める

とろみがつくまで煮詰めます。

完成

出来立てはまだ色が浅いですが、蜜につけ込むことで色に深みも艶も出てきます。

きれいに仕上げるためのコツ

金柑の大きさ

出来れば大きめの金柑を選んでください。種が取り出しやすくなります。小さいものだと、ついつい種を出すときにつぶしてしまいます。

金柑の分量

このくらいの量で作ることをお勧めします。鍋の中で重ならないので、形がつぶれません。それに、これより多いと種を出すのに疲れてしまいます。

おわりに

いかがだったでしょうか。おいしそうな「金柑の甘露煮」が出来上がりました。材料も少ないのでパパっと作れてオススメです。ぜひ今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。