\ フォローしてね /

見た目も味も最高の煮魚の作り方

日本人と言えば、和食。和食と言えば、煮魚。しかし、平成生まれの若い方は、煮魚を敬遠している風潮がありますよね。

実は、煮魚の基本はみな一緒です。コツさえつかめば、「おふくろの味」もそんなに難しくはありません。一番手間の掛からない家庭料理とも言えます。

材料(2人分)

  • 子持ちがれいの切り身 2切れ
  • ごぼう 1/4本
  • しょうがの薄切り 1かけ分
  • ねぎ(浅葱) 2本

煮汁の黄金割合

  • だし汁 5
  • 醤油 1
  • みりん 1
  • 砂糖、酒 適量

カレイの煮付けの作り方

STEP1:食材の下ごしらえ

まず、カレイに十字の切り目を入れる。熱湯に通す。霜ふりといいます。旨みを封じ込め、匂いをおさえる為。

切り目を入れたところが開いてきたら、すぐに氷水につける。

STEP2:食材を鍋に入れる

なべに煮汁とカレイ、四つ割したごぼうを同時に入れて、火にかける。

STEP3:煮る

アルミホイルなどを落とし蓋にして、中火で煮る。

落し蓋をすれば、煮汁が全体にまんべんなく回るので、強い火力は必要ありません。

STEP4:そろそろ完成

包丁の切り目が煮汁の色に染まってきたら、煮あがりのサインです。ここで、しょうがの薄切りとねぎを入れる。

しょうがとねぎは最後にしてね。でないと、しょうがの苦味が出て、ねぎも本来の色を失ってしまう。

おわりに

完成です!

ねぎの代わりにあらかじめ塩ゆでしたきぬさやを添えるも良し、カイワレ大根を加えて煮ても良し。

青い色があれば、見た目もきれいですし、食欲をそそるに違いない。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。