\ フォローしてね /

ライ麦バンズで!ヘルシーなダブルバーガーの作り方

お外で食べるバーガーは結構費用がかかるのが悩みです。そこで全部手作りのハンバーガーを作りました。

手作りするなら、とことんヘルシーに仕上げちゃおう!という大作戦!

バンズは、我が家で最近お気に入りのライ麦粉を加えて焼きあげており、ひと口食べると香ばしい香りが口いっぱいに広がります。

具材のハンバーグは豆腐入り、ソースは手作りのオーロラソースをたっぷりかけ、手作りならでわのヘルシーなハンバーガーを実現しました。

ここではライ麦粉で手作りバンズ!ダブルバーガーのつくり方を紹介します。

材料(3人分)

  • 強力粉・・・250g
  • ライ麦粉・・・50g
  • ドライイースト・・・6g
  • 塩・・・2g
  • 砂糖・・・大さじ1
  • オリーブ油・・・大さじ1
  • ぬるま湯・・・200cc

豆腐ハンバーグ

  • 水切りした木綿豆腐・・・150g
  • 豚ひき肉・・・100g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 塩コショウ・・・少々
  • ナツメグ・・・少々

ソース

  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • レモン汁・・・2~3滴

作り方(調理時間:90~120分)

STEP1:生地を作る(一時発酵まで)

ホームベーカリーを用意し、バンズの材料の水→砂糖→イースト菌の順番で入れます。

バンズ生地の残りの材料を塩以外全部入れ、生地をこねるに設定し、スイッチを入れます

ここではホームベーカリーを使いましたが、手でこねても良いです。

STEP2:塩を加える

STEP1の生地がまとまってきたら、ここで塩を加えます。

ドライイーストを入れる場所があるベーカリーの場合、そこから入れるようにしてください。無い場合はドライイーストと塩を一緒に入れてしまうと、うまく膨らまない場合があるので、時間差で入れましょう。

STEP3:分割する

一時発酵まで終えた生地を台に取り出し、手で軽く押さえてガスを抜き、ケッパーを使い6等分に分割して丸めます。

生地の丸め方は、分割した生地のスベスベの面を表に押し出しながら切り口を下へ引っ張って集め、生地をつまむ感じで底を閉じて丸めます。
ケッパーが無い場合は包丁等で切ることも可能です。

生地が乾燥しないように、キッチンペーパーを濡らし、硬く絞り生地にかぶせ、15分ほど休ませます(ベンチタイムといいます)。

STEP4:平らにする

STEP3を軽く上から押えて空気を抜きます。

STEP5:二次発酵

オーブン機能を使って30度で30~40分間二次発酵します。

バンズの表面にツヤを出したい場合は、溶き卵を用意し刷毛で塗りましょう。
画像は二次発酵し終わった状態です。ゴマは乗せなくても良いです。

STEP6:焼く

220度に設定したオーブンで15分焼きます。

STEP7:豆腐ハンバーグを作る

豚ひき肉をボウルに入れて粘りが出るまで捏ねます。水切りした豆腐と、みじん切りにして炒めた玉ねぎ、塩コショウ、ナツメグを加えます。

粘りがでるくらいまで捏ねたら、パンの数に分け、丸い形に仕上げます。

サラダ油を熱したフライパンで中火で焼き、きつね色になったら裏返し、蓋をしめて弱火で4~5分蒸し焼きにします。

STEP8:バンズにのせる

STEP6のバンズを半分に切り、バンズの下の部分になるほうに、焼けたハンバーグを乗せます。

ソースの材料を合わせハンバーグの上にのせます。

ソースの上にもう1枚のハンバーグをのせ、さらにソースをかけ、半分に切ったバンズをのせて閉じます。

STEP9:完成!

仕上げにお弁当ピック等で飾ると、可愛らしく仕上がります。

上手に作るためのポイント

バンズを丸め、底を閉じるときは、生地と生地を親指と人さし指を使ってつまむようにくっつけると失敗なく閉じることが出来ます。

ハンバーグだけでなく、お好みの具材をサンドしてみましょう。

さいごに

ガッツリ食べたいときに、ヘルシーハンバーガー作ってみませんか?

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。