\ フォローしてね /

シェラトン・ワイキキ(オアフ島)滞在体験談!

著者が宿泊した「シェラトン・ワイキキ」について紹介していきます。

旅行の詳細

  • 旅行期間:2013年1月
  • 旅行日程:5泊6日
  • 宿泊先:シェラトン・ワイキキ
  • 宿泊先を選んだ理由:主人の会社の表章旅行でホテルは決まっていました。
  • 同行人:主人
  • 部屋:2人部屋、キングサイズベッド、シャワー&トイレ、バルコニー
  • 旅行手配:旅行会社へ依頼 電話や郵送、FAXでのやり取り。
  • かかった費用

飛行機・ホテル(朝食、送迎等) 大人1人分 約240,000円(主人は表章旅行で無料)

観光オプション 大人2人分 約75,000円

ショッピング・食事 大人2人分 約50,000円

シェラトン・ワイキキ

公式ウェブサイト:シェラトン・ワイキキ

実際に経験したシェラトン・ワイキキでの暮らしをご紹介します。

部屋からの眺め

著者が宿泊した部屋はダイヤモンドヘッドが見える部屋でした。海とのコラボレーションが本当に素敵でした。

イマイチな点:部屋によっては、ダイヤモンドヘッドは見れません。

プール

昼と夜ではまた違った姿を見せてくれる演出もあり、プールに入って遊ぶもよし、ホテルから眺めるもよしと、とても楽しませてくれました。

プールサイドにてタオル貸出有
イマイチな点:とにかく人は多いです。

ベッド

夫婦の方は基本的にはキングサイズベッドを用意してくれるそうです。とても大きくゆったりとくつろげました。シャワールームから外を眺めることが出来る窓もありました。

イマイチな点:この部屋の向きで仕方ないのですが、日の出は見れませんでした。

朝食

ホテル内のレストランがいくつかあり、そこで朝食チケット(朝食込みの方)を渡すとバイキングで朝ごはんを食べれます。

味も日本人の口に合い、おかわりも自由です。朝6:00~11:00まで開いているので、お好きな時間に行くことができます。

イマイチな点:毎朝人が多く長蛇の列になることもあります。

ショッピング

ホテル内にもコンビニやショップが入っているだけでなく、ホテルから出てすぐ目の前にショッピングモールがたくさんあり、DFSギャラリア(免税店)も徒歩5分で行ける範囲にあります。お買い物大好きな方には、利便性抜群のホテルだと思います。

イマイチな点:アラモアナセンターへはトロッコ(ピンクライン)で行く必要があります。

ホテルサービス

  • 電話:部屋へ備え付けの電話は、市内電話は無料で、国際電話は1日60分まで無料です。
  • インターネット:ロビーのインターネットコーナーは無料(256kpbsのスピードのみ)、ハイスピードは有料で使用できる
  • セーフティーボックス(金庫):クローゼット内に有る(暗証番号なのでキーが不要)
  • アイロン:クローゼット内に有る
イマイチな点:シャンプーが微妙なので、日本からもっていくことをお勧めします。

おわりに(感想・注意)

今回、シェラトン・ワイキキに宿泊出来て、本当に満足できました。交通の便やショッピングには全く困ることはありませんでした。

注意しておいていただきたいのは、ホテルの向きで部屋から眺める風景が違いますので、部屋を指定したい方は旅行会社やホテルに直接お問い合わせ下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。