1. 料理
    2. 「味噌こし」の使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「味噌こし」の使い方

    味噌料理を作る時、便利な道具が「味噌こし」です。著者なりの「味噌こし」使い方をお教えいたします。

    準備する道具

    • 味噌こし
    • 木製すりこぎ棒

    具体的なやり方の手順

    STEP1:味噌を入れる

    味噌を使う分量だけ味噌こしに入れます。

    STEP2:だし汁に入れる

    熱した、だし汁などの中に、味噌こしを入れます。

    STEP3:すりつぶす

    すりこぎ棒で細かい大豆の粒まですりつぶすように溶きます。つぶつぶも残さないようにすりつぶします。

    すりこぎ棒がない場合は菜箸を使って味噌を溶きます。

    ポイント

    菜箸とすりこぎ棒を比べると、やはり面積が大きい分、すりこぎ棒の方が早く味噌がこせます。

    注意点

    味噌は沸騰させてしまうと、風味が損なわれてしまうので、気を付けましょう。

    便利な使い方

    味噌こしは、味噌をこすだけではありません。他にもこんな便利な使い方があります。

    • 少量の野菜や麺の水きりができる
    • 小麦粉のふるい代わりになる
    • カレールーが、ダマにならずに溶かせる
    • 1つのお鍋で2種類の野菜がゆでられる

    野菜をゆでているお鍋の中に、味噌こしを入れて、そこで別の野菜をゆでると、一度に2種類の野菜がゆでられます。

    • かき玉汁で、ふわふわの卵ができる

    おつゆの中に味噌こしを入れて、その味噌こしの中に卵を入れて菜箸で混ぜると、ダマにならずにきれいなかき玉汁ができます。

    おわりに

    いかがでしょうか?色々な使い方ができる味噌こし、ぜひ使ってみてくださいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人