\ フォローしてね /

費用はかかる!車が懸賞で当選した時に気をつけるべきポイント

CMで車プレゼントという情報見たりしませんか?車が懸賞で当たるのはとても幸運で嬉しいことです。

しかし、当選したらそれなりの費用がかかることご存知でしたか?そこでこの記事では、車が懸賞で当選した時の費用についてご紹介します。

どんな方法で届くのか?

過去に車プレゼントの応募をしたことが数回あり、その時の注意事項に書かれていたのは、当選者には直接連絡し、近くの車メーカー(日産車ならニッサン、トヨタ車ならトヨタ)の店舗に直接行ってプレゼントになると掲載されていました。

締切日より1ヶ月後までに当選連絡とも掲載されていました。

当日かかる費用など必要なのか当選の電話をもらった時に確認し、必要の場合そでまでにお金を用意しておきましょう。

車が懸賞で当選したら必要になる3つの費用

1:初期費用

源泉所得税が特に必要です。車は高価なものなので、車の金額の60%が所得とみなされ、その分所得税として支払わなければなりません。その他、登録の費用としてナンバープレートの発行に費用がかかります。

車が所得があったことを現すので住民税もかかる場合はあります。翌年しっかり確定申告をしましょう。

2:維持費の税金

自動車は乗らなくても税金がかかってしまいます。乗った場合を考えても

  • ガソリン代
  • 保険料
  • 自動車税(自動車を持っていることでかかる税金)

などが必要です。

自動車税など''自動車を持っているだけでかかる税金があります。
車を持っている知人に事前に維持費が1年にどのぐらい必要か聞いておくと参考になります。

3:駐車場

車を置く場所が必要です。その結果、駐車場が必要になります。家にある方はいいですが、ない方が大半だと思います。

月極駐車場など家の付近の駐車場の金額を調べておくことをお勧めします。

おわりに

車なんて当たらないからと思っている方も多いと思いますが、応募しないと当たりません。

しかし、当たった時のことを考えて費用も考えておくと万が一当たった時困る必要がありません。その万が一の時のことを考えるだけでも夢みたいで楽しいものです。

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。