1. 料理
    2. 海苔巻きみたいなミルクレープロールの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    海苔巻きみたいなミルクレープロールの作り方

    ブラックココアをクレープ生地の中に加え、真っ黒なクレープを焼き上げました!パッと見ると、海苔巻き??と勘違いされてしまうかも?!

    見た目は海苔で巻いたように真っ黒ですが、味や食感はクレープです。ブラックココアは普通のココアよりも、ほんのりビターなので、ひと口食べた瞬間ほろ苦さが口いっぱいに広がりますが、ホイップクリームと3種類のフルーツもたっぷり入っていますので、お子さんにもお勧めできます。

    用意するもの(約10本分)

    ブラックココアクレープの材料

    • 卵…2個
    • 薄力粉…80g
    • ブラックココア…40g
    • 砂糖…30g
    • マーガリン…大さじ1
    • 牛乳…300ml
    • バニラエッセンス…数滴

    デコレーションの材料

    • ホイップクリーム…200ml
    • 苺…7~8粒
    • キウイフルーツ…1/2個
    • マンゴー(缶詰)…お好みの量

    道具

    • ホイッパー
    • フライ返し
    • 15~18cmフライパン
    • サランラップ

    作り方

    STEP1:粉類を合わせる

    薄力粉と砂糖、ブラックココアをボウルに入れて混ぜます。

    STEP2:卵とマーガリンを加える

    STEP1に卵と500Wのレンジで30秒加熱したマーガリン、バニラエッセンスを加え、ホイッパーで混ぜます。

    STEP3:牛乳を加える

    500Wのレンジで1分ほど温めた牛乳を、STEP2に少しずつ加えます。

    サラサラとした状態になったら、こし器を使ってクレープタネをこし、ラップをかけて、常温で1~2時間休ませます。

    STEP4:生地を焼く

    フライパンを熱して、キッチンペーパーに油を染み込ませたものを塗ります。

    STEP3のクレープタネをよく混ぜて、中くらいのサイズのお玉に、クレープタネを半分くらい入れて、フライパンに流し入れ弱火で焼きます。

    STEP5:ひっくり返す

    表面が乾いてぷくっと浮いてきたら、クレープ生地の端っこを少し持ち上げます。

    生地は熱いので箸を使用したり、未使用の軍手をつけると便利です。

    持ち上げたところから、フライ返しを入れてひっくり返します。

    5秒ほど焼いたら、フライパンを持って皿にひっくり返して移します。

    焼き過ぎると焦げて綺麗な黒色にならないので、ひっくり返したあとは早め(5秒ほど)にあげます。

    焼きあがった生地は重ねてもOKです。クレープタネが無くなるまで、繰り返し焼きましょう。粗熱が取れるまで、ラップをかけて冷まします。

    時間はかかりますが、弱火で調理するほうが失敗ありません。

    STEP6:フルーツを用意する

    キウイは櫛形に切り、苺は4等分、マンゴーは缶詰から取り出し、水気をしっかり切ってひと口大に切ります。

    STEP7:クリームを塗る

    クッキングシートの上に、粗熱が取れたクレープを1枚のせます。クレープ生地の上と下の部分を2~3cmあけ、真ん中にクリームを塗ります。その上にもう1枚クレープ生地を重ね、1枚目と同じようにクリームを塗り、全部で3枚重ねます。

    クリームを塗る面は、焼き色がついてる面に塗ってください。

    3枚目の1番上の真ん中より少し下の部分にホイップクリームを多めにのせ、その上にフルーツを並べます。

    STEP8:巻く

    ラップを1枚敷き、STEP7のクレープをそっと移動します。クレープ生地の下の部分を持ち、手前のフルーツ(ここではマンゴー)を包むように折り、サランラップを持ち上げ、並べた1番上のフルーツ(ここでは苺)めがけて巻きあげます。

    巻きあげたら、そのままラップで包み、両端も閉じます。

    STEP9:完成!

    端を2~3cm切り落とし、器に盛りつけたら完成です!

    作るポイント

    クリームは多すぎるとはみ出てしまうので、写真の量を目安に塗るようにしましょう。また、クレープ生地にクリームを塗るときは、生地が破れないように気を付けてください。

    海苔巻きみたいなミルクレープロール。恵方巻きスイーツとして、お友達や家族と一緒に召し上がるのもいいですね!ぜひお試しください。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人