1. 料理
    2. 南国ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    南国ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ブラジルで人気のカクテル・カイピリーニャ。透明の液体にライムの緑が美しい、さっぱり味のさわやかな飲み物です。

    手軽に作れることから、ヨーロッパやアメリカでもとても人気があります。友達同士のパーティなどでも、スペインのサングリアと並ぶ人気のカクテルです。

    食欲の秋。スポーツの秋。芸術の秋。

    秋の夜長をカクテルとおつまみとカクテルで、いっそう華やかに盛り上げましょう。

    作り方は簡単です。

    材料(4杯分)

    • ライム 2個
    • カシャッサ 200ml
    • 砂糖(粉砂糖)大さじ4杯
    • 氷(クラッシュド)
    カシャッサはブラジル特産のスピリッツで、さとうきびから作られたものです。「カシャッサ」または「カシャーサ」をキーワードにネット検索すると、オンラインで商品検索できます。

    作り方

    STEP1

    ライムの皮をよく洗ってから、横に2等分。さらに8〜10等分します。

    STEP2

    グラスにライムと砂糖を入れて、多少つぶすような感じで、果汁と砂糖をよくかき混ぜます。

    果汁をしっかり絞り出すのがコツ。果汁が出てくるとライムの香りにふわっと包まれ、気分爽快です。
    ライムの代わりに、かぼす・すだち(旬は8〜10月)や、ゆず(旬は11月〜2月)を使ってみるのもよいですね。

    STEP3

    氷(クラッシュド)を入れ、カシャッサを注いで出来上がり。

    カシャッサの代わりに、ウォッカやラムを使っても美味しく味わえます。ドライテースト好みには、ウォッカがおすすめ。

    おわりに

    とても簡単にできて美味しい飲み物です。パーティなどでぜひ試してみてください。

    ちなみにパーティでは、カクテルに限らず、ライムを用意しておくと便利。揚げ物やサラダのおつまみに、ライムをさっとふりかけるだけで、ひと味違った味わいを楽しめます。

    ブラジルといえば、サッカー。友達とのサッカー観戦パーティで飲むのなんかも良さそうですね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人