\ フォローしてね /

異国情緒あふれるハウステンボス・ホテルヨーロッパに宿泊した体験談

ここでは、ハウステンボスの場内ホテル、ホテルヨーロッパに宿泊した際の体験談についてまとめました。

1:長崎県旅行の詳細

筆者は2013年1月下旬1泊2日の旅程で、夫と1歳3ヶ月の子どもと3人で、ハウステンボス内のホテルヨーロッパに宿泊しました。

ハウステンボスの場内ホテルは数カ所ありましたが、ホームページや宿泊プランなどを比較検討した結果、フラッグシップと評されていたホテルヨーロッパを滞在先に選びました。

部屋は内海に面したスタンダードツインの部屋でした。

2:ホテルのよかったところ、イマイチだったところ

よかったところ

ハウステンボス内の運河はクルーザーが定期的に巡航していますが、ホテルヨーロッパには宿泊者専用のチェックインクルーザーがあり、今回は15時のチェックインに合わせて利用しました。

ホテルの内海の桟橋に直接クルーザーで行って、その後チェックインしました。クルーザーから園内を見ながらホテルに行くことができ、とても優雅な感じでした。

ホテルのロビーにあるラウンジでは、バイオリンの生演奏が行なわれていて、良い雰囲気でした。また、ロビーにはたくさんの草花があって花の香りがしていたのもよかったです。

イマイチだったところ

特にイマイチだと感じた点はありませんでした。ハウステンボスが20周年ということで、ホテルヨーロッパもおそらく同じ年数経っているため、部屋や設備に少し年代を感じましたが、イマイチだというほどではありませんでした。

年数の経った様子が、逆にしっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出していたように感じました。

3:旅行手配手順の詳細

今回は楽天トラベルからハウステンボスの場内ホテル、オフィシャルホテルを検索し、プランや料金を比較検討した結果、ホテルヨーロッパに決定しました。インターネットから直接予約しました。

4:かかった費用

選んだプランは、2日間の入場と1日間の有料施設優待パスポートのついた、オフィシャルホテル宿泊者限定チケット(1人6700円相当)が付属したプランでした。

1泊食事なしで1人14000円、大人2人で28000円でしたが、楽天ポイントを利用したため実際にかかった費用は23000円ほどでした。

チケット代を差し引くと、宿泊代は1人5000円ほどでしたので、お得に宿泊できたと感じました。

5:感想・注意点

ホテルヨーロッパに宿泊したことで、ホテルステイの間もハウステンボスの異国情緒あふれる雰囲気を満喫できました。

小さい子ども連れだったので、一度15時頃にチェックインして部屋で少し休憩し、日が暮れてイルミネーションが美しくなり始めた頃に再度入園することも簡単にでき、このホテルを選んで良かったと感じました。

このホテルはハウステンボス内のフリーゾーンにあるので、園内の端の方に位置しています。場所によっては移動に時間がかかりますが、園内を走っているバスやクルーザーを利用することでスムーズに移動できました。

おわりに

雰囲気も、スタッフの対応も洗練されており、フラッグシップと評されるだけのことはある、と感じました。

大人同士ではもちろん、子ども連れでも安心して利用することができましたので、ハウステンボスに行く計画をなさっている方は、ぜひホテルヨーロッパに宿泊してみてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。