1. 暮らし
    2. 暑い夏、家の中で涼しく過ごす方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    暑い夏、家の中で涼しく過ごす方法

    毎年暑い夏が続いています。家の中にいても耐えられない暑い日もありますよね。そんな時に著者が行なっている、家の中でできる暑さ対策をご紹介します。

    暑さ対策法5選

    1:全部の窓を開ける

    朝起きたら全部窓を開けます。全部の窓を開けることで風が通って涼しくなります

    夜は蚊が入ってこないように蚊取り線香などで蚊の対策が必要です。

    2:水をまく

    日中、ベランダや家の玄関前に水をまきましょう。水を巻くことで地面の体温が低くなります。これを打ち水と言います。

    暑すぎるとすぐに水が蒸発してしまうので、水が蒸発したらまた水をまいた方がより涼しく感じます。

    3:水シャワー

    どうしても暑いと思ったらお風呂で水シャワーを30秒ぐらい浴びると涼しくなります。著者の昨年1番の暑さ対策法で効果があったものです。

    水シャワーで暑さと汗がなくなります。烏の行水程度の短時間のシャワーで効果があります。

    4:保冷剤の活用

    暑いと思ったら首や脇などに保冷剤を当てると涼しくなります。冷蔵庫に5個ほど保冷剤を用意して暑いと思ったら使うようにしていました。

    5:ひんやりグッズ

    暑さ対策のためひんやりグッズがたくさん販売されていたので著者も冷たい枕を購入し夜の寝苦しさを解決しました。

    夏になるといろいろなショップでひんやりグッズを販売しているので自分にあいそうなものを見つけましょう。

    お金を掛けない暑さ対策

    1:エアコンをつけない

    エアコンをつけると必ず電気代が高くなってしまいます。

    エアコンを使わないようにするために水シャワーなどを浴びてできるだけ涼しい環境や体調を作りました。

    2:家にいない

    実は家にいないのが1番費用がかかりません。家にいるとエアコンをつけたくなったりもするからです。

    図書館などエアコンが効いた場所でゆっくり過ごせば費用もかからず涼しい夏がすごせます。

    やらなかった方がよかった暑さ対策

    風鈴

    涼しい雰囲気が味わえると思って風鈴をつけましたが、涼しいどころか音がうるさくイライラしてしまいました。

    音が近所迷惑にもなるのでマンションなどお住まいの方には風鈴はお勧めしません。

    おわりに

    簡単にできることもたくさんご紹介できたと思います。夏に暑くなったら何か1つでも実施し暑さをなくしてもらえたら嬉しいです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人