1. 暮らし
    2. 戸籍謄本(戸籍抄本)の取得方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    戸籍謄本(戸籍抄本)の取得方法

    国家資格の免許を取得する際に戸籍謄本が必要でしたので、役所に取りに行きました。ここではその時の手順を紹介します。

    取得できる場所

    戸籍謄本(戸籍抄本)は本籍地のある市区町村の役所で取得できます。住所地と本籍地が異なる場合もあるので、前もって自分の本籍地を確認しておきましょう。

    筆者の場合は当時は京都市北区に本籍地がありましたので、京都市北区役所に行きました。窓口は市民窓口課です。

    取得に必要なもの

    戸籍謄本を取得するときに必要なものは以下のものです。

    • 戸籍謄抄本等 交付請求書
    • 本人確認書類…免許証など
    • 手数料
    本人か家族以外が戸籍謄本を取りに来る場合は、この他に委任状が必要になります。

    取得の手順

    STEP1:「戸籍謄抄本等 交付請求書」に記入する

    窓口においてあるものに記入するか、役所のHPからダウンロードもできるので、それに記入して持参します。

    STEP2:窓口に「戸籍謄抄本等 交付請求書」と「本人確認書類」を提出する

    本人確認書類は、運転免許証などなるべく写真付きのものが好ましいです。本人や家族以外が戸籍謄本を取りに来た場合は委任状も一緒に提出します。

    STEP3:手数料を支払い、戸籍謄本を受取る

    京都市の場合は、手数料は戸籍謄本一通につき450円です。窓口で支払います。何も問題がなければ所要時間は5分ほどです。

    取得に関する注意点

    お昼の時間帯はさける

    役所はたいていお昼の12時~13時は職員が交代で昼休みを取っています。対応が遅れたり混んだりしやすいので、なるべくならお昼の時間は避けるようにしましょう。

    郵送も可能

    忙しくて役所の空いている時間に行けない人は、郵送でも戸籍謄本の請求を受け付けてくれます。その際に必要な書類は以下の通りです。

    • 戸籍謄抄本郵便請求書(窓口での請求時に使用するものとは異なります)
    • 本人確認書類のコピー
    • 返信用封筒(切手貼付、氏名・宛名記入済み)
    • 郵便局の定額小為替(450円×枚数分)

    これらを同封して自分の本籍地のある役所に郵送します。何も問題がなければ1週間もしないうちに戸籍謄本が送られてきます。

    おわりに

    以上が戸籍謄本(戸籍抄本)の取得方法になります。各役所によって必要書類などが異なる場合がありますので、一度ご確認ください。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人