\ フォローしてね /

やっぱり便利!ネットを使った排水溝のゴミ取り方法

きれいにしておきたいと思っても汚れがたまりやすいキッチンの排水溝。この記事では、ストッキングタイプのネットを使用した排水溝のゴミ取り方法を紹介します。

掃除の頻度

毎晩、すべての調理および洗い物が終了したあと行います。この頻度を必ず守ることで排水溝の汚れやぬめり、ニオイを防ぐことができます。

用意するもの

  • ビニール袋
  • ストッキングタイプのゴミ取りネット(100円ショップで購入)

掃除の手順

STEP1:使用済みのネットを外す

ゴミのたまったネットを外して水を切ってからビニール袋に入れて捨てます。

STEP2:水で流す

細かいゴミが残っていることがあるので、ゴミ受けを水で流します。

STEP3:新しいネットをかぶせる

ゴミ受けに新しいネットをかぶせてセットします。

その他の作業

毎日交換して水で流すことでしばらくはきれいな状態を保てますが、それだけだとどうしても縁の部分などに汚れがついてきます。

そのため、1週間に1回程度は食器洗い用の洗剤で洗います。また、1ヶ月に1回程度は塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)をスプレーしてしばらく置いておいたあと流します。

おわりに

排水溝の掃除は溜めれば溜めるほどおっくうになるものです。簡単に交換できるネットを使用して毎日こまめに取り替えるのが、キレイを保つ一番ラクな方法だと著者は思います。

また、ゴミ受けはプラスチック製よりもステンレス製のほうがぬめりなどが発生しにくくキレイな状態を保てます。可能であればゴミ受け自体を交換することも検討してみるとよいでしょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。