\ フォローしてね /

すぐに使いたい!がちがちに固まった砂糖を素早くほぐす方法

お料理をしていて、砂糖をすぐに使いたいのに、固まっていてほぐれない!どうしよう…という時でも大丈夫。簡単に素早くほぐせる方法です。

固まってしまう原因

原因、それは水分と乾燥です。砂糖は吸湿性が高い食品です。湿気を吸収すると結晶の表面が溶けます。それが今度は乾燥すると結晶同士が固まってしまうのです。日々の湿度の変化によって起こってしまうのです。

霧吹きを使う方法(すぐに使いたい場合)

STEP1:霧吹きをする

使う分だけ容器に入れて霧吹きをします。

STEP2:フォークで崩す

フォークで崩すとすぐに崩れます。

乾燥してしまうと、また固まってしまうので、この方法では、すぐに使う量だけにしておきましょう。

電子レンジを使う方法(すぐに使いたい場合)

STEP1:電子レンジにかける

電子レンジ対応のお皿に入れて、ラップをせずに1分程加熱します。

STEP2:フォークで崩す

砂糖同士をくっつけていた水分をとばしてくれます。

時間が長すぎると砂糖が溶けてしまうので、確認をしながらレンジにかけましょう。

パンを入れる方法(少し時間がかかるやり方)

砂糖の容器の中に、食パンを入れて5~6時間放置します。水分を多く含んだパンにより、水分が砂糖に移り、ほぐれます。

固まらないように予防するには…

密封して保存する

湿度を一定に保つために、密封容器に入れて保存すると固まりません。

冷蔵庫に入れておくと、なおいいです。

顆粒状の砂糖を混ぜる

ヨーグルト等についてくる顆粒状の砂糖がありますよね。砂糖5に対して顆粒状糖1の割合で混ぜてあげると、砂糖が固まりません。

Amazonで売ってます。

おわりに

イライラして格闘しなくても、簡単にほぐせる方法ばかりなので、ぜひやってみてくださいね!

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。