\ フォローしてね /

意外と見逃す高千穂観光

遠くに一人旅がしたいと思い、以前から行ってみたいと思っていた高千穂に行きました。高千穂は半日もあれば有名所は廻れるのですが、現地に宿泊してみてこ廻れる場所もあります。今回はそんな場所をご紹介します。

旅行の概要

2010年10月に、東京から熊本に飛び、そこから高千穂まで出ている長距離バスに乗って行くというコースで、宿泊は地元の老舗民宿に泊まり2泊3日の、のんびりとした旅行でした。

おすすめスポット、アクティビティ

1.高千穂温泉

地元の方々が利用する高千穂温泉。もちろん旅行者も利用できる施設で、内部の設備も充実していて、お風呂上がりに休憩所でゆっくり出来ます。売店にはちょっとしたお土産や飲み物などが売っているので、のんびり温泉で過ごすのもいいかもしれません。

写真の入り口から前方に山々の峰が連なる風景を見ることができ、バスを待っているあいだ、高千穂峡とはまた別な自然の風景に癒やされます。

2.荒立神社

脇道にそれた細い通りを歩いて行くと辿りつく荒立神社。実は芸能と縁結びの神様としては有名な神社なのです。高千穂神社に比べてこじんまりとしているのですが、ここの御利益にあやかろうと多くの芸能人の方々も訪れているという噂。

写真の本殿わきには絵馬を結ぶ場所があるのですが、ものすごい数の絵馬が結ばれていて自分のをどこに結んでいいのか分からないほどでした。

3.夜神楽

高千穂地区の民宿に泊った人は無料で見られるという高千穂神社で行われる夜神楽。送迎もすべて民宿の方で用意してくれますので、行き帰りも安心。

観光用ですので演じられる物語は天岩戸の物語とイザナミ・イザナギの国産みの物語の一部。神楽というと難しいのかなと思うかもしれませんが、とってもわかりやすい神楽で、見ていた方々皆さんから笑いが絶えませんでした。かくいう筆者も笑いっぱなしでした。

ただ畳の上にすわるので、出来るだけ前の方に座ることをオススメします。筆者は後ろの方にいましたので結局立ち見になってしまいました。

旅行当時の演目ですので現在の演目とは違うかもしれません。また中止になるならないなど、事前に宿泊する民宿などに問い合わせてみることをオススメします。

良かったところ、イマイチだったところ

  • 高千穂の町を歩いていると、所々に神話の中に出てくる人物の銅像があちらこちらに置かれているので、観光場所や町を歩きながらそれを探すのもまた楽しいかもしれません。

  • 筆者が行った時期がちょうど台風が直撃した日でしたので、残念ながら夜明けの雲海を見る事が出来ませんでした。晴れていれば展望台から美しい雲海がみることができたはずなので、それだけが心残りです。

ただ、歩きたいのに観光地の場所が離れているのでタクシーとかレンタサイクルとか、足がないと正直辛いです。筆者は天岩戸神社から町まで歩こうとして本気で死ぬかと思いました。

おわりに

2泊3日はもしかしたら時間をもてあます感じになるかもしれないですが、1泊でもできる余裕があるならば、宿泊してみると高千穂の新たな面を知ることができて楽しいと思います。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。