\ フォローしてね /

電気の使い過ぎによってブレーカーが落ちたときの対処法

いきなりブレーカーが落ちて家の中が真っ暗になると、停電かと思ってびっくりしますよね。

ブレーカーが落ちる原因は、電気の使い過ぎです。家中の電気が消えたら、まずは電化製品を使い過ぎていなかったかを思い返してみましょう。ブレーカーが落ちるときは、大抵いろいろな電化製品を重複して使っているときです。それが思い当たらない場合は、停電もありえます。

ここでは、電気の使い過ぎによってブレーカーが落ちたときの対処法をご紹介します。

ブレーカーが落ちたときのありがちな状況

電子レンジ・エアコン暖房・ホットプレートなど、電気を多く使うもの(電気代のかかるもの)を同時に使ったときに、ブレーカーが落ちることが多いようです。ブレーカーが良く落ちる!という人は、なるべく電化製品は同時に使わないようにしましょう。

対処の方法

ブレーカーのスイッチの下がっているところを上にあげる、これだけです。蓋がある場合は、それを開けて、中を確認しましょう。ブレーカーが落ちていたら、上に上げることで、すぐに電気は回復します。

事前に分電盤のある場所を確認しておきましょう。通常であれば、ブレーカーのスイッチは、全て上がっている状態です。

ブレーカーが落ちないための予防策

予防策は電気を同時に使い過ぎないことです。電子レンジとホットプレートを使っている間はエアコンを切る、などして防ぎましょう。

ブレーカーの限度は、契約しているアンペア数によって異なります。契約しているアンペア数が少なければ、電気の使い過ぎでブレーカーが落ちる可能性は高くなります。

どうしても頻繁に落ちるという場合は、アンペア数の変更をしましょう。

ブレーカーが落ちたときの注意点

夜にブレーカーが落ちてしまうと、家の中は真っ暗になってしまいとても危険です。ブレーカーをあげに行くとき、足元には注意しましょう。

夜の場合、ブレーカーは真っ暗で見えない状態になるので、家の中でわかりやすい場所に懐中電灯などを常備しておくといいでしょう。

おわりに

ブレーカーが落ちたときの対処法はとっても簡単です。とはいえ、ひとり暮らしでいきなりブレーカーが落ちるなどのシチュエーションでは、意外と焦ってしまうもの。暗がりで怪我などしないように、事前にブレーカーの位置を確認するなど準備しておくのが大切です。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。