\ フォローしてね /

特売品で1週間の献立を考えるアイデア

毎日の献立を考えるのは大変ですよね。こちらでは特売品を使って1週間の献立を考える方法を紹介します。

特売品で一週間の献立を考える手順

STEP 1:特売品を買いに行く

週に1度、食材を買い出しに行きます。特売品の中から、肉3種類、魚介3種類、野菜数種類と、ほかの特売品や常備品を買います。

1週間使いまわすので、なるべく鮮度の良い物を選びましょう。

STEP 2:1週間の主菜を決めます。

肉3種類、魚介3種類を賞味期限の早い物から使います。魚と肉を交互に、メニューは和・洋・中・和・洋・中・・・・と繰り返します。

6種類しか買ってきていないので、6日分のメニューを考えます。1日は予備日にして急な外食になったり、1週間の残り物を食べきる日にします。

STEP 3:1週間の副菜と汁物を決めます。

主菜に合わせて副菜を2~3種類と汁物を考えます。

ワンパターンにならないようにするコツ

食材と味付けと調理法を変えることでバラエティに富んだメニューになります。

ある一週間の献立例

日曜日に買い物に行きました。

主菜になるものは鶏もも肉、豚小間肉、豚ひき肉、するめいか、まぐろ刺身、鮭の切り身を買いました。

  • 日曜日:まぐろ刺身・にんじんとねぎとコーンのかき揚げ・ほうれんそうの胡麻和え・豆腐とわかめの味噌汁
  • 月曜日:ひじきいりハンバーグ・ゆでたブロッコリーとさつまいも・トマト・コーンスープ(市販品)
  • 火曜日:イカのオイスター炒め・ニラたま(かにかま入り)・もやしのナムル・わかめスープ
  • 水曜日:鶏大根・小松菜と厚揚げの煮物・きゅうりとわかめとかにかまの酢の物・野菜と卵の味噌汁
  • 木曜日:鮭のムニエル・ポテトサラダ・トマトとブロッコリーのサラダ・コンソメ野菜スープ
  • 金曜日:回鍋肉・マーボ豆腐・春雨サラダ・ワンタンスープ(市販品)
  • 土曜日:残り物でお好み焼き

おわりに

忙しい主婦の皆さん、ぜひ試してみてください。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。