\ フォローしてね /

仕切り用のカゴを使うこと!冷蔵庫の野菜室がすっきりする収納方法

冷蔵庫の野菜室は、野菜が沢山入っていてごちゃごちゃとしてしまうことがよくあります。

なるべくごちゃつかず、食材を使い切るための収納、片付け方法について紹介します。

野菜室の入れるものについて

入れておくべきもの

  • 果物(みかんなど)
  • 葉物野菜
  • 常温ではすぐに悪くなってしまう野菜(トマトなど)

入れないほうがよいもの

  • 根菜
  • バナナ
ただし、ここは各家庭によって方法が違うと思いますので、それぞれに合った方法で保存してください。

筆者は、冷蔵庫が大きいこととあまり買いすぎないようにしているため、根菜類も普通に野菜室に入れています。特に問題もないですし、キッチンの外の冷暗所に置いたとしたら、取りに行くのが億劫なので、この方法で長年やっています。

冷蔵庫の野菜室の収納方法

筆者の家の冷蔵庫は、からの状態だとこのようになっています。

上に引き出しがついていて、あまりかさばらない、平たいものを置くことが出来ます。

収納には、上記写真のカゴや入れ物を用いています。

野菜室に入れた時、このように並べます。

蓋なしのタッパは、引き出しの右端に置きます。

野菜や飲み物を入れた、いつもの状態です。立てて入れたい野菜は、右下の黄色い入れ物に入れています。(元は麦茶を作っていれていたケースですが、古くなったのでこのように使っています)

上の引き出しはこのように平たい野菜を入れます。

右端のタッパには、使いかけの野菜を入れています。

収納のポイント

キャベツや白菜などの大きな野菜は、ビニール袋に包んだままゴロっとそのまま冷蔵庫に入れています。

その他の野菜は、ごちゃごちゃしないようにカゴに分けて置いています。

食材は、違う種類の物がなるべく重ならない、重なっても少しは顔を出すようにして、すぐに見つけることが出来るように存在をアピールさせることが、使い忘れを防ぐコツとなります。
また、使いかけの野菜を置く場所を決めていることで、次の料理に優先的に使うことが出来るので、とても便利に活用しています。

注意点

野菜室の収納方法は、他にも言えることですが、とにかく買いすぎないことだと思います。

以前は野菜をあれもこれもと買い込みすぎて、結果底の方に干からびたり、悪くなった野菜が溜まってしまっていました。

この反省を踏まえ、少し少ないくらいの野菜を買い、それを目いっぱい活用する調理法で、最近では食材を無駄にすることが無くなりました。
収納スペースは決まっているので、それ以上買いこまない、を徹底することが、一番上手な収納方法だと思います。

おわりに

いかがでしょうか。カゴなど、仕切りを使った収納方法で、食材の無駄を減らしましょう。

(photo by amanaimages) (photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。