1. 暮らし
    2. 自宅で出来る!ダウンジャケットの洗濯方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自宅で出来る!ダウンジャケットの洗濯方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    最近のダウンはものすごく安く買えますよね! 様々な型や色のものを安く揃えられるのは嬉しいのですが、安く買ったダウンでもクリーニングに出すとかなり高くついてしまいます。

    そこで、筆者が実践している自宅でのダウンの洗濯方法をご紹介します。

    必要な物

    • 中性洗剤(おしゃれ着洗い用等)
    • 洗濯ネット
    • ダウンの入る洗い桶(あれば)

    洗濯方法

    筆者はどんなダウンでも自宅で洗濯してしまいますが、「高いダウンでどうしても失敗したくない」「初めて洗濯するダウンで怖い」等といったときは、あらかじめ使用する予定の洗剤で色落ちパッチテストをしておきましょう。

    使用する予定の洗剤を表示どおりの量水に溶かした洗濯液を作り、ガーゼやコットンに浸して、ダウンの裏など目立たない場所で30分程つけておきます。ダウンの色がガーゼに移るようなら、多少色落ちする可能性があります。

    STEP1:ダウンのファスナーを閉じる

    洗濯前にダウンのファスナーを閉じておきます。特に裏返したりする必要はありません。

    STEP2:軽くたたみ、洗濯ネットに入れる

    かさばるものですし、型崩れを防ぐためにも軽くたたみます。その際、袖やフードの部分など飛び出ている部分はなるべく内側に来るようにしましょう。

    通常はここで洗濯ネットに入れます。今回はデイリーで使っていたダウンの洗濯で、型崩れの心配よりは汚れが気になるので入れていません。

    STEP3:手でもみ洗いする

    ダウンの入る洗い桶などあればいいのですが、そんな大きな桶はないので筆者は洗濯機の中で洗っています。ダウンが浸かるくらいの水を入れ、水の量に合わせた適量の洗剤を入れて手で優しくもみ洗いします。

    洗い桶がなく、更に洗濯機もドラム式しかない場合、水を張るのが少々大変ですが風呂桶等利用するのもいいと思います。

    STEP4:すすぎ

    洗い終わったら水を替え、洗剤がきれるまで何度かすすぎます。洗剤が残っていると変色やヨレの原因になるので、完全に洗い流しましょう。柔軟剤等も使いません。

    STEP5:脱水

    脱水は、洗濯機の脱水機能を使います。型崩れを防ぐために、30秒~40秒程度で止めてしまいましょう。

    STEP6:干す

    写真は妙に明るく感じますが、陰干しでハンガーに吊るして干しています。ハンガーはなるべくダウンの大きさに合った物で、曲線がなめらかなものを選びましょう。ピンチで止めたり、洗濯ばさみで吊るして干すのは跡がつきやすいのでお勧めしません。

    筆者は吊るし干しで型崩れが気になった事はありませんが、気になるようなら平干しにしてくださいね。

    STEP7:途中で裏返す

    乾きにくいので、途中で裏返します。半日かけて大分ふっくらしてきましたが、まだ湿っている部分があります。乾燥した暖かい日なら半日程度ですっかり乾く事もありますが、大抵乾くのには1日がかりです。

    STEP8:叩いてダウンを整える

    乾いたら、手でポンポン叩いて羽毛の偏りを整えます。今回は薄手のダウンで、ステッチが多いものだったので偏りはありませんでした。

    厚手のダウンだとすぐには羽毛が元に戻らず、洗濯前よりかさが減ってしまったように感じることもありますが、叩いたり使用したりしているうちに前の状態に戻ります。

    最後に

    ダウンを最初に洗濯するときはなかなか勇気がいりますよね。初めて洗濯した時は、洗った直後はシワシワのぺしゃんこになってしまって不安になりましたが、乾いて叩いたりしているうちに前の状態に戻ります。

    5千円で買ったダウンをクリーニングに持っていったら、クリーニングに4千円かかってしまい、以来自宅で洗うようになりました。白ダウンをメインに着た冬は、ひと冬のうちに何回も洗濯することもありましたが、特に型崩れ等起こったことはないですよ。

    Twitterで紹介!

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人