\ フォローしてね /

無理に流す前に!トイレが詰まった時におすすめの対処法

トイレの排水溝が詰まったとき、あなたはどのような対応をしますか?流れなくなったらすぐに業者を呼ぶのでは、高額な出費になってしまい自己負担する金額が増えてしまいます。今回はラバーカップ、通称スッポンやお湯、重曹など家にあるものでどうすればトイレの詰まりを解消できるのかを紹介します。軽く何かが詰まってしまった場合、頑固に物が詰まってしまった場合の2つに分けて、自分でできる対処法を記載するので、ぜひ参考にしてください。

トイレが詰まってしまうと慌ててしまいますよね。無理に流そうとして水が溢れてトイレが水浸しになってしまったことはありませんか。

ここでは筆者が実践しているトイレが詰まった時の対処方法をご紹介します。

この方法は、汚物やトイレットペーパーが詰まった時の対処方法です。布や玩具などが詰まった時には業者を呼んでください。

用意するもの

  • ラバーカップ
  • ゴム手袋
  • 古新聞紙(または捨てても良い古着類やバスタオル)
  • 殺菌用のスプレー
  • ビニール袋
  • ペーパータオル

頑固な詰まりの場合

  • バケツ
  • 重曹
  • 計量カップ

【対処法1】ちょっと詰まった時の手順

STEP1:バルブを閉じる

タンクの下にバルブがあるのでここを締めます。右に回すと閉まります。これで水は溢れません。

ポイントは流れない時は無理に流そうとしないことです!

STEP2:便器のまわりに古新聞をおく

作業中に水が跳ねて汚れないように、便器のまわりに古新聞紙を置きます。

STEP3:水が少し引くまで待つ

水が便器の半分くらいに引くまで待ってから、ラバーカップで押すようにします。水が引かない場合は灯油用のポンプ(無ければ小さめの容器で代用)でくみだします。

水が引かないうちにラバーカップを使うと汚水が跳ねて汚くなります。

STEP4:ラバーカップを使う

ラバーカップを便器の穴にはめ込みゆっくり押して素早く引くを数回繰り返します。流れが良くなったと感じたら、一回流してみます。ちょっとの詰まりならこれでOKです。

【対処法2】頑固に詰まった時の手順

重曹と酢を使うので、換気扇を付けて換気に注意します。

STEP1:水をくみ出す

小さめの容器で汚水をくみ取って、用意していた大きいバケツに入れます。

灯油用のポンプがあると便利です。

STEP2:重曹を入れる

計量カップ1/4カップくらい(150gくらい)の重曹を便器内に入れます。

STEP3:酢をいれる

計量カップで1/2カップを少しずつ入れます。泡が立つのは反応して二酸化炭素が出るためです。

STEP4:お湯を入れる

手で触って熱いくらいのお湯を便器の半分くらいに注ぎ、1時間程放置します。

沸騰した湯を入れると便器にヒビが入る可能性があります。
時々ラバーカップで押してみると、詰まりが緩んでいるかどうかわかります。

STEP5:ラバーカップを使う

上記の「【対処法1】ちょっと詰まった時の手順」STEP4と同じ要領でやります。便やトイレットペーパーの詰まりなら、この方法で流れるようになります。

数時間待っても詰まったままなら業者に連絡しましょう。

対処にかかる費用&時間

上記の方法なら家にあるもので済み、費用はほとんどかかりません。ラバーカップはダイソーやキャンドゥーなどの100円ショップでも買えます。1つ持っていると安心ですよ。

筆者の場合は、詰まり具合によりますが、軽い詰まりなら10分程度で、頑固な場合は1時間くらいでした。

詰まった物が柔らかくなるまで待つのがコツです。

片付け

便器周りの床に殺菌用のスプレーを掛けて除菌します。バケツに汲み出した汚水はトイレに流して始末します。

最後に水のバルブを開けるのを忘れずに!

予防策

トイレットペーパーは1度にたくさん流さないように注意しましょう。仮にトイレットペーパーをたくさん使用する場合は、こまめに何度かに分けて流せば安心です。

また、子供にはトイレットペーパー以外の紙やおもちゃなどを絶対に流さないように伝えて、大人も注意しましょう。

いざというときでも焦らず、状況を見極めて冷静に対処することが大事。がんこに流れない場合は無理をせず、賃貸の場合は管理会社に、持ち家の場合は業者に連絡してください。

Twitterで紹介!

(image by PIXTA)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。