\ フォローしてね /

写真でなるべく小顔に写るコツ

このライフレシピのもくじたたむ

顔が小さい方がいいだなんて一体いつ誰が決めたのでしょう?確かに小顔のほうがスタイルがよく見えるかもしれません。

とは言え、顔の大きさは生まれ持ったもの。頭蓋骨の大きさを小さくすることは出来ませんし、なかなか顔の大きさを変えることは出来ませんよね。

せめて写真でだけでも、なるべく小顔に写りたいものです。写真にうつる時にできるだけ小顔になる方法をお教えします。

なるべく小顔に写るコツ

集合写真の場合

大勢で集まった時などはなるべく後ろの方へ移動します。遠近法を利用して小顔に見せます。 写真は中央より端のほうが横広に写る場合が多いので、後ろのなるべく中央寄りがいいと思います。

洋服の色も白っぽい淡い色は膨張して写るので、黒や紺色などの暗い色のほうが引き締め効果があります。

一人で写る場合

一人の時は比較するものがありません。そこで、ピースした手などを顔から少し手前(カメラ側)に離すと、手が大きく見え、代わりに顔が小さく見えます。

カメラを持った人に座ってもらい、下から見上げるように撮ってもらうのも足が長く見え、その分小顔に見えます。

その際に二重アゴにならないよう適度に下向き加減がお薦めです。

その他の工夫

  • 髪で輪郭を隠したり、あまり横に広がったヘアースタイルは避けるようにします。パーマがかかったふわふわヘアーよりストレートの方がスッキリ見えます。
  • 首周りが広く開いた服を着ると、衿の詰まったものより顔がスッキリ小さく見えます。
  • アゴを少し引いて口元は両端を上げ笑顔になった方が、頬が引き上げられ小顔に見えます。

おわりに

いくつかコツを紹介しましたが、自分でも鏡を見て、どういう角度や表情が小顔に見えるか研究してみるのもいいかもしれません。

写真は一生残るものですから、なるべく綺麗に写りたいものですよね。

(image by photo AC)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。