\ フォローしてね /

ホアヒンの隠れ家、ナパライ・リゾート&スパに泊まる

はじめに

ホアヒンは、バンコクから約200キロのところに位置するタイ王室の避暑地として、タイ人にも人気のあるビーチリゾートです。日本人率は少ないですが、西洋人にはパタヤよりも落ち着いていると評価されているようです。

2012年10月、ホアヒンの繁華街からちょっと離れた『ナパライ・リゾート&スパ』に家族で泊まってきました。

ナパライ・ホテル&リゾートのこと

ホテルの予約

ホテルへは事前に予約を入れておきました。だいたい事前予約の場合はオンラインで格安にホテル予約ができるagodaを使っています。事前にホテルの状況を確かめられるのでとても便利です。

デラックスルームが2泊朝食込みで3415.5バーツ(税込み)。当時の為替で約8500円という値段です。格安ですよね!

足は自家用車

現地へは、自家用車を使っていきました。ホアヒンの繁華街からは離れているホテルなので、バスを使うのは少し不便だと思います。その分人も少なくて、のんびりできるのが利点なんです。

ホテルの部屋

正直、デラックスルームというには安っぽい感じでしたが、部屋は広々。室内でバドミントンができてしまうほど。バスタブも大きくて、家族で一緒に入ることができましたよ。

ホテル内でのすごし方

このホテルは海まで歩いて5分ほどかかるので、小学生の息子たちはホテル内のプールで泳ぎまくっていました。親はまったりデッキチェアーに寝そべっていれば良かったので、海に連れて行くより楽です。

ホテルスタッフは日本語はできませんが英語は可能です。

近所のレストランが美味しい!

ナパライリゾート&スパの中にもレストランがありますが、徒歩2分くらいの場所に美味しいレストランを見つけました。ホテル斜め向かいにあるファミリーマートの横道を約200メートル。船形のレストランなのですぐ判ると思います。

タイ料理はもちろん、スパゲッティーなどの西洋料理も美味しかったです。その名も『ルア・リムタレー(เรือริมทะเล)』。気に入ったので夜と昼と2回行きました。

ホアヒンの海も近い

海へは暑い時間を避け、夕方にのんびり徒歩で行きました。ホアヒンの海の特徴は綺麗な砂浜。さらさらしていて気持ちが良かったです。ほかの人たちも素足で歩いていました。その気持ち判ります!

ビーチ周辺にはホテルもありますし、朝昼夜と食事もできるようです。夕暮れのビーチはとてもロマンチックでしたよ。

おわりに

ナパライリゾート&スパの周辺は、ホアヒンの中でもローカル色の強いエリアとなっていますが、タイのビーチでのんびりしたい人には喜ばれるんじゃないかと思います。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。