1. 暮らし
    2. 新築戸建物件の引渡し時のチェックポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新築戸建物件の引渡し時のチェックポイント

    このライフレシピのもくじたたむ

    入居後に不具合が見つかった時に、初期不良なのか住民の責任かで保証が適用されたりされなかったりするので、引渡のときにしっかり確認することが大切です。

    さて、この記事では、新築戸建物件の引渡し時のチェックポイントを紹介します。

    チェックポイント

    1:家の外側の確認

    外壁に傷や汚れ、ヒビなどがないか確認します。

    2:窓や扉の不具合

    玄関扉、各部屋の扉、障子、雨戸、網戸など、全ての扉を確認します。

    • 傷はないか
    • スムーズに開閉できるか
    • 鍵がスムーズにかかるか
    • ピッタリ閉まるか
    • 外れないか
    • そりはないか

    等です。筆者のケースでは2階の出窓の網戸が下に落ちました。

    3:床の不具合

    各部屋、廊下など、全ての床を確認します。

    • 傾きはないか
    • フローリングの剥がれはないか
    • フローリングに傷はないか
    • フローリングがきしむところはないか
    • たたみの浮きはないか
    • カーペット敷きの床に歪みはないか

    等です。

    4:電気・ガス・水道の確認

    それぞれの元栓の位置を確認し、不具合をチェックします。

    • 換気扇の不具合
    • ガス台の炎の具合
    • キッチン、洗面所、トイレなどの水の出具合
    • 各種スイッチの不具合

    等です。

    5:壁紙の不具合

    家じゅうの壁を確認します。

    • クロスの浮きやはがれはないか
    • クロスの継ぎ目はきれいか

    等です。

    6:オプションの確認

    注文住宅だけでなく建売住宅でも、オプションや設計変更が可能な場合があります。オーダー通りに仕上がっているか確認します。

    おわりに

    完璧に仕上がっていて当然と思わずに、家中を確認してください。筆者はフローリングの細かい傷まで直してもらいました。入居後に嫌な思いをしないように、よく確認することをおススメします。

    引渡し前にみつかった不具合は業者側の責任なので、無料で直してもらいます。直してもらった後もしっかり確認しましょう。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ