\ フォローしてね /

簡単!魚焼きグリルの掃除方法(水ありタイプグリル)

魚焼きグリルの掃除は面倒ですよね。ここでは簡単な魚焼きグリルの掃除方法を紹介します。

掃除の頻度、タイミング

魚を焼いた日の食事の後です。

掃除に必要な道具

  • 重曹
  • アルミホイル
  • 食器洗い用スポンジ
  • 中性洗剤
  • 布巾

掃除の具体的な手順

STEP1:グリルに重曹と水を入れる

魚を焼く前に、グリルの受け皿に重曹を大さじ2はいまんべんなくふりかけ、水を張ってから魚を焼きます。

重曹を入れておくと汚れやにおいが付きにくくなります。

STEP2:アルミホイルで汚れをとる

魚を焼き終わったら、グリルの受け皿と網部分をシンクに移動し、アルミホイルを丸めたもので受け皿と網の汚れをこすり落とします。大体の汚れが取れたら流水で洗い流します。

アルミホイルを丸めたものは使い捨てのスチールウール代わりに使えるのでとても便利です。

STEP3:中性洗剤で洗う

スポンジと中性洗剤でもう一度洗い、流水で洗い流します。取っ手の部分も中性洗剤で洗います。

STEP4:布巾で拭く

洗い終わったら布巾で拭きます。

STEP5:元に戻す

グリルの受け皿と網と取っ手を元に戻して終了です。

魚焼きグリルの掃除で注意すること

調理後熱いうちに掃除したほうが汚れは取れやすいですが、やけどにはくれぐれも気を付けましょう。

おわりに

簡単な掃除方法ですので、ぜひ試してみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。