\ フォローしてね /

英語と日本語の違いに注目してスラスラ英文を読む方法

筆者は、ボリュームのある英文を読むときに、とにかく集中して以下の2つのことに気をつけながら読むようにしています。スラスラ英文を読むには、日本語と英語の文型の違いに注目するのがポイントです。

文脈を理解するコツ

頭から訳す

英語は日本語と違い、「最初に大事な情報がきて、後から付属情報を足す」と言う形が一般的です。

S+V+O...などと文型がある程度決まっています。ですので、頭から訳すのが鉄則です。

例えば、以下の例文です。

  • 1:I went to school on Sunday to play baseball in the playground.
  • 2:私は/行った/学校へ/日曜日に/野球をしに/校庭で
  • 3:私は日曜日に校庭で野球をしに学校へ行った

3が美しい日本語ですが、ここまでしていると時間がかかります。とてもスラスラ読めたものではありません。

2番のめちゃくちゃな日本語の段階で思考をストップさせましょう。そして次の英文に進みます。

最初は気持ちが悪いかもしれませんが、すぐに慣れますよ。

全体の要旨をつかむコツ

後退しない

前の文章がよくわからなかったからといって元に戻るのはNGです。まずはどんどん読み進めてしまって、大意をつかみましょう。

そうすると、その大意がヒントになり、分からなかった部分の文章が自ずと意味の分かるものになります。

さいごに

多読していくことも、スラスラ読めるようになる方法だと思います。なるべく多くの英文に触れ、短時間で読めるようになりたいですね。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。