1. コミュニケーション
    2. 爬虫類好きにオススメ!一人暮らしでも飼いやすいカメの飼い方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    爬虫類好きにオススメ!一人暮らしでも飼いやすいカメの飼い方

    カメはお世話がラクで、健康状態が良好なものを選べば、適当に飼ってもかなり長い間飼い続けることができると言われています。

    一人暮らしにおすすめなペットとして、筆者が飼っているカメ(クサガメ)をおすすめしたいと思います。

    一人暮らしにカメがオススメな理由

    コストがかからない

    飼うのに必要なものは、

    • 水槽
    • カメのエサ
    • レンガなどの陸地になるもの

    だけです。

    水槽は、成長によって飼い変える必要も出てきますが、エサは2~300円位で買えますし、レンガもホームセンターなどで数百円で買うことができます。

    世話がラク

    基本的なお世話は、朝晩のエサやりと、一日に一回水槽の水を変えるだけです。

    暖かい時期は、日の当たる場所に置いて、日光浴(甲羅干し)させてあげれば喜びます。

    寒い時期は、水温にもよりますが、冬眠するとエサを食べなくなります。冬眠したらそっとしてあげ、週に一回程度水を変えてあげるだけで大丈夫です。

    意外に懐いて可愛い

    水槽に近づくと首を持ち上げてこちらの様子をうかがったり、エサの音に反応したりと、意外に人を認識して懐いています。

    エサをあげるとゆっくりと口をあけて食べる姿も、とても可愛いです。

    具体的な飼い方

    水の中にエサの食べかすや糞が溜まります。カメはその水を飲んで生活しているので、毎日水を変え、できるだけ清潔にしてあげてください。

    毎日の水替えの他に、週に一回ぐらい、ブラシなどでカメを洗ってあげます。放っておくとコケなどが生えてぬるぬるしてきます。

    日に当たらないと病気になってしまうため、ベランダや、よく日の当たる室内で飼います

    屋外に置いておく場合、野良猫などにいたずらされることがあるそうなので、気をつけてください。

    成長すると、最大で20センチ程の大きさになります。大きくなったら、プラスチックの水槽ではなく、衣装ケースを水槽代わりにすることをおすすめします。その際、脱走することがあるので、金属製の網などを使って、しっかりとした蓋をすることも大切です。

    カメを選ぶ際の注意点

    筆者の場合、親がもらってきたのを受け継いで15年ほどは生きているのですが、購入する際に元気な個体を選ぶことが長生きの秘訣だそうです。

    • 甲羅が固いもの
    • 目がパッチりしているもの
    • 元気に動き回っているもの
    • ケガがないもの

    上記がいいカメの特徴です。

    選ぶ際に、しっかり健康チェックをしてみてください。カメのグッズが多く置いてあったり、詳しい販売員さんがいるお店だとなお安心だと思います。

    さいごに

    カメは大きくなって長生きするので、いらなくなって池や川などに不法投棄することが問題視もされています。

    ペットがいることで、一人暮らしでの寂しさや、暇な時間などを埋めることができます。ペットを飼う際はメリットとデメリットをよく考え、責任と愛情を持って飼って欲しいと思います。

    この記事が、ペットを飼うのに迷っている方の参考になれば幸いです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人