\ フォローしてね /

カメラのレンズクリーニングの方法と注意点

レンズの手入れには人によって色々な流儀があるようですが、筆者流の手入れ方法を紹介します。

用意するもの

  • ブロアー
  • クリーニング液
  • クリーニングペーパー
  • レンズクロス
  • 綿棒

レンズクリーニングのやり方

STEP1:ほこりを飛ばす

まず注意して欲しいのは、いきなりペーパーやクロスでレンズを拭いてしまわないことです。レンズ表面に固いほこりなどが付いていると、こすりつけてしまいレンズを傷つける原因になってしまいますので、まずはブロアーを使って大きなホコリなどを吹き飛ばしておきましょう。

ブロアーにはエアダスターといってスプレー缶に入ったガス圧を利用したものもありますが、パワーが強過ぎたり近づけ過ぎると結露したりという場合もあるので、慣れるまでは手動のものが使いやすいでしょう。

筆者はシリコンブロアーのような先端部分が短いタイプを愛用しています。狙ったところを吹きやすく、カメラバッグに入れても嵩張りません。また、家では大きなパワーのあるタイプを、カメラバッグには小型で携帯性の良いものをと使い分けています。

レンズを拭くのはブロアなどでほこりを落とした後にしましょう。

STEP2:レンズを拭く

ブロアーでほこりを吹き飛ばしたら、クリーニング液をレンズ表面に数滴たらし、クリーニングペーパーで中心から外側に向かって円を書くように拭いていきます。これは汚れやほこりをレンズ中心部に寄せてしまわないためです。

クリーニング液とペーパーはカメラ用のものであれば何でも構わないと思いますが、筆者はずっと富士フイルムのものを愛用しています。ティッシュペーパーのように、それ自体がホコリの発生源となるような紙はNG。これはクロスも同様です。

ほこりの出るペーパーやクロスは使わない。

STEP3:可動部を拭く

最後に綿棒にクリーニング液を付け、レンズの端やレンズ以外の部分等をクリーニングします。特にズームレンズの場合、可動部などにほこりがあるとレンズ内部へのほこりの混入などに繋がるので、一緒に除去しておくのが良いと思います。

また、電気接点部分なども定期的に汚れをとっておいてあげると、不意の通信不良等にも備えられます。

筆者は外出時はクリーニングキットを携帯するのが面倒な場合もあるのでクロスで代用します。クロスはレンズの汚れをふき取る以外にも、多少の水滴を拭き取ったり、カメラやレンズに巻き付けて保護したりと何かと役立つので、持っておくと便利です。

レンズ面だけでなく、可動部などのほこりも除去する。

アドバイス

クリーニングは撮影後に

意外と撮影前にクリーニングをする人が多いようですが、レンズのクリーニングは撮影時の画質低下を防ぐという意味もありますが、それ以上にカビなどの発生源となる汚れなどを除去しておくという意味合いが強いので、「撮影前」よりも「撮影後」のクリーニングを意識しましょう。

そうしておけば、いざ撮影となったときにはブロアーで軽く吹く程度ですぐに撮影に入れますし、予期せず長期間使わない機材が出た場合でも安心です。

レンズのクリーニングは撮影前だけでなく撮影後こそ大切。

プロテクトフィルターは常に付けるものではない

また、レンズを保護するためにプロテクトフィルターを常時付けるという方もみえますが、プロテクトフィルターはフレア発生など画質低下の原因になりやすいので、筆者は風の強い日や海辺などでの撮影のように、かなりシビアな環境以外では付けていません。

これはレンズメーカーの方から伺った話ですが、レンズの前玉表面には通常の使用には十分な強度を持たせているので、常にプロテクトフィルターを付ける必要はなく、逆に前玉を傷つけるほどの衝撃はプロテクトフィルターでは防ぎきれないだろうとのことで、レンズフードの着用やレンズキャップの小まめな脱着をお勧めしたいとのことでした。

プロテクトフィルターの使い所は慎重に。

おわりに

レンズは比較的丈夫なものなので神経質になり過ぎることはありませんが、カメラにとって最も重要なパーツの1つでもあるので、欠かさず手入れしてあげましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。