\ フォローしてね /

ホットクッションで暖かく!オフィスでの寒さ対策

オフィスは一日の中で、多くの時間を過ごす場所。そのオフィスが寒いと、仕事に集中できなかったり、体調を壊してしまったりして大変ですね。

ここでは、著者がオフィスでの寒さ対策に使っている、ホットクッションについてご紹介いたします!

ホットクッションとは

ホットクッションとは、1人用の座布団タイプのミニホットカーペットのことです。メーカーによって多少値段は異なりますが、1500円から3000円くらいで購入できます。

著者が使っているものは、電気代が1時間当たり0,3円ととても経済的な寒さ対策グッズです。薄くて、軽いので、持ち運ぶのも簡単な優れものです。

ホットクッションの使い方

そんな便利なホットクッションの、おすすめの使い方をご紹介します。

ホットクッションを椅子にひいて使う

ホットクッションを椅子の上にひき、そこに直接座って暖まります。オフィスの椅子が木製やプラスチック製だと、直接座ると冷たいですが、このホットクッションをひけば、お尻がじんわりと暖かいです。

ホットクッションを足元にひいて使う

オフィスの暖房器具がエアコンの場合、どうしても足元が冷えます。そんな時ホットクッションを足元にひくと、足の裏から暖まります。著者のオフィスは土足のため、こっそり机の下で靴を脱いで使っています。

足元が暖まると、体全体が暖かくなってくるのでオススメです。

ホットクッションを背中に当てて使う

ホットクッションを椅子の背中にあてて使うと、腰や背中が暖まります。著者はデスクワークが続くと腰が痛くなるため、休憩時間にホットクッションを背中に当てて椅子にもたれ、腰を暖めて休みます。

おわりに

著者がオフィスでの寒さ対策に使っている、ホットクッションについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

みなさんもホットクッションを使って、オフィスで暖かく快適にすごしてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。