\ フォローしてね /

賞金をつけよう!大人でも楽しめる豆まきのやり方

節分と言えば豆まき。今回紹介するのは、大人でも楽しめる豆まきのやり方です。散らからない落花生を使い、賞金をつけることで気分もあがります。同時に、子供のころに学校や家で「鬼は外!福は内!と言いながら豆を投げた、懐かしい思い出が蘇るはず。鬼を追い払って福を呼び込み、1年の無病息災を願う行事ですが、いつからか豆が散らかって後で掃除するのが大変だったり、子供が大きくなってやらなくなった家庭も増えているのでは?運試しだと思って、一味違った豆まきをやってみませんか。
nanapi
nanapi
nanapinanapi
このライフレシピのもくじたたむ

節分の日、皆さんはいつまで豆まきをしていましたか?我が家は子どもが成人しても、いまだに家族で豆まきを楽しんでいます。

筆者の家で実践している「大人でも楽しめる豆まき」のやり方をご紹介します。

用意するもの

  • 落花生(我が家は人数×15個)
  • 7cm四方の紙(豆の数だけ)
  • お金(好きなだけ)
7cm四方の紙は、余っている紙を切って作るのも楽しいし、正方形タイプのふせんを使ってもOKです。

やり方

STEP1:家族からお金を集める

これが豆まきの賞金となります。

STEP2:紙に金額を書く

10円~200円、ハズレを書きます。もちろん、合計金額が集めたお金と合うように計算します。

紙によっては、油性マジックで真ん中に金額を書くと透けて見えるので、紙の端っこに書いたり、薄いシャープペンやボールペンで書くと開くまでドキドキ感が味わえます。

STEP3:豆を紙で包む

写真のように、金額を書いた紙で豆を包みます。紙が取れなければ、包み方は何でも大丈夫です。

STEP4:豆まきをする

包んだ豆で豆まきをします。それはもう、思いっきり!

ちなみに紙で包んでいると、破片が散らからないので掃除が楽という利点もあります。

STEP5:豆を回収して配分する

終わったら豆を全て拾って、それぞれ同じ数を分けます。大体毎年1~2個見つからない豆が出てきます…。

STEP6:皆で開いて賞金を分配

開封して、自分の合計金額をもらいます。

運試しにもぴったり

毎年「もういい年だからやめよう」と言いながら、結局やってしまう豆まきです。

開封の時は、すごく盛り上がるので、皆さんにもぜひやってみてほしいです。今年の運試しにいかがですか。

Twitterで紹介!

(image by PIXTA 1 2)
(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。