1. 料理
    2. とりつくねの月見ダレの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    とりつくねの月見ダレの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    冷酒には焼き鳥系が合うと思い、つくねを作りました。

    材料(6人分)

    • 鶏ももひき肉 450g
    • 長ネギ 10cm
    • しょうが 小1かけら
    • 片栗粉 大さじ2
    • 醤油 大さじ6
    • 料理酒 大さじ2
    • 砂糖 小さじ1
    • みりん 大さじ2
    • ウズラの卵 6個

    作り方

    STEP1:長ネギをみじん切りにする

    長ネギは縦に包丁を入れて裂き、横に包丁を入れて、さらに叩いて、みじん切りにします。

    STEP2:しょうがをみじん切りにする

    しょうがも皮をむき、細かくみじん切りにします。

    STEP3:ボールで具を混ぜる

    長ネギ、しょうが、片栗粉、鶏ももひき肉を入れて、粘りが出るまでしっかりと混ぜます。

    STEP4:串にさす

    ボールの具を6等分にして、手でこねて成形してから串にさします。竹串よりも金串の方が火の通りはいいです。本日は竹串です。

    STEP5:タレを作る

    ボールに醤油、料理酒、砂糖、みりんを入れてよく混ぜます。

    STEP6:フライパンでつくねを焼く

    中火で熱したフライパンに油を軽くしいて、つくねを並べる。本日はがっしりと肉厚に成形しているので、片面5分ずつしっかり焼いてみました。

    STEP7:たれを絡ませる

    ボールのたれを上からかけて、絡ませながらこまめに裏返しして、つくねにたれが馴染んだらできあがりです。

    STEP7:盛り付け

    小皿にひと串のせて、たれをかけます。仕上げは、ウズラの卵の殻の上部をはさみでカットして、お月様のように飾ります。ちょっとハンバーグ級に大きなつくねになりました。

    おわりに

    しっかりとしたつくねになりました。冷酒と一緒に召し上がれ。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人