1. 暮らし
    2. 手洗いで!襟袖汚れを落とす方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手洗いで!襟袖汚れを落とす方法

    ナイロン製のブルゾンなど洗濯頻度が高くない洋服の襟袖は、ふと気がつけばけっこう汚れています。

    そこでこちらでは、筆者が実践しているワイシャツからナイロン素材まで対応可能な「襟袖汚れの落とし方」をご紹介します。

    用意するもの

    襟袖専用の洗剤を用意します。

    今回使用したのはトップ「プレケアエリそで用」です。

    使用する量

    使用する量は、汚れの部分に対して洗剤のスポンジヘッド部分を2~3往復させる程度です。

    洗剤をつけるタイミングとつけ方

    洗剤は一番はじめの、水に浸ける前につけます。

    洗剤のキャップを外すとスポンジヘッドというヘッドが現れます。スポンジヘッドを衣服の汚れている部分に直接つけます。

    襟袖汚れの落とし方

    STEP1:洗剤を塗布

    汚れている部分に直接洗剤を塗布します。

    STEP2:しばらく放置する

    5~10分間そのまま洗面台に放置します。

    STEP3:漬け置きをする

    洗面台にお湯をはり、さらに5分間浸け置きします。

    STEP4:洗う

    軽くこすりながら、洗剤をお湯で流します。2~3回程度「お湯をためて流す」を繰り返します。

    STEP5:脱水

    衣服の上から押し付けるようにして水をきります。手洗い用の衣服のときは雑巾のように絞って脱水すると素材が傷む原因になります。

    手洗い用でない場合は、脱水のみ洗濯機を利用してもOKです。

    STEP6:干す

    弱めの脱水だと干したときに水滴が落ちる可能性があるので、外に干します。

    STEP7:完了!

    汚れはスッキリ落ちています。

    部分洗い洗剤を使うときに気をつけていること

    手洗い用の衣服やナイロン製のものなどの部分洗いは、襟袖用の洗剤と洗面台での手洗いでスッキリ落ちます。

    おわりに

    洗剤を塗布した後に洗濯機を利用する場合もありますが、デリケートな素材の場合は、洗面台を利用して単独で洗う方が経済的かつ時間も短縮出来るのでおすすめです!

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人