\ フォローしてね /

気軽に手首を鍛えられる方法

このライフレシピのもくじたたむ

「手首を鍛える」と聞くと、何のために?と思う人もいるかとは思いますが、実は手首は身体で一番細やかな作業をする手先を支えるとても大切な部位なのです。

今回は、著者がリハビリの先生から教わった手首の鍛え方についてご紹介します。

手首を鍛える方法

STEP1

机などの台の上に肘から下の腕と手をぺたりと付けます。

STEP2

腕はそのまま台に付けたまま、手首から先だけをゆっくり起こします。

STEP3

このまま10秒キープをし、またゆっくり手を付け・・・という動作を10回繰り返します。

起こす時だけゆっくり、倒す時は速くやっても問題ありません。

実践してみて

目に見えるような筋肉の付き方はしませんが、これをやるようになってからパソコンで長時間タイピングをする時の疲労度が減りました。

おわりに

これだけなら簡単!と思いきや、結構手の甲から手首にかけての筋肉を必要とします。はじめは様子を見てゆっくりやりましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。