1. 趣味
    2. プロが教える!良いFPを選ぶための5つの基準とは

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    プロが教える!良いFPを選ぶための5つの基準とは

    このライフレシピのもくじたたむ

    FP=ファイナンシャルプランナーとは、個人の資産運用や住居・教育・老後など将来のライフプランニングについて助言を行う専門家です。

    ここでは、あなたがライフプランニングについて相談する相手を選ぶために欠かせない5つの基準をご紹介します。

    本記事は、エグゼクティブのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    FP選択の5つの基準

    (1)あなたの本当のニーズを引き出してくれる人

    言い換えれば、「あなたの話をよく聴いてくれる人」であることが大切。FP自身の考え方を押し付けようとする人は絶対に避けなくてはなりません。

    (2)生き方に共感できる人

    あなたがそのFPの生き方に共感できるかどうか、実はとても重要なポイントです。

    共感できるような生き方を自らが実践しているようなFPであれば、きっとあなたにとって人生の善き先輩となり、友人となり、伴走者として共に走り続けてくれるでしょう。

    (3)コミュニケーションスタイルが合う人

    自分が心地よいと感じるコミュニケーションの仕方をしてくれる人。よく笑う、励ましてくれる、専門用語をやさしい言葉に置き換えてくれるなどなど。会っていてストレスを感じない相手であることが望ましいです。。

    (4)金融商品の説明だけでなく、そこにたどり着くまでのプロセスに十分な時間を割いてくれる人

    金融商品は専門用語が並び複雑であり、一般的には理解しにくいものです。金融商品のメリットだけでなくデメリットもしっかり提示することは当然として、本当に金融商品が必要かどうかの判断プロセスに十分な時間をとってくれる人でなくてはなりません。あなたが必要性を感じていないのに、金融商品の話をするFPは真のアドバイザーではありません。

    (5)他の専門家を動員することができる人

    あなたが抱える様々な課題に取り組むとき、必要に応じて他の専門家を動員して総合的解決を目指す人脈を持っているようなFPであれば、いっそう広い視野での課題解決ができるはずです。

    おわりに

    お金の相談をするということは、あなたのお仕事や生活の過去・現在・未来をすべて共有することだといっても過言ではありません。

    「なんとなく・・・」ではなく、きちんと自分の目で、本当に信頼できるFPかどうかを見極めることが大切です。

    本記事内で紹介している内容は、2013年2月時点での情報を元に作成しております。法令その他の変更により内容に不備が発生している場合があります。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人