\ フォローしてね /

旅行などの長時間移動をゆったりと!電車移動を快適に過ごすためのグッズとコツ

長時間の電車移動はどうしても疲れが伴います。しかし、ちょっとの準備と方法で、疲れを軽減させ楽しい時間へと変えることができます。

筆者が実践している方法を紹介します。

快適に乗るためのグッズ

飲み物・食べ物・ウエットティッシュ

長時間の電車移動に飲食はつきものです。車内販売がある場合には乗り込んでからゆっくりと購入することも可能ですが、そうでない場合は、車内に乗る前に用意をしておきましょう。

飲食物と一緒にウエットティッシュを持っていくと便利です。車内にも手洗い場はありますが、座席から離れていたり、そのたびに立ち歩くのはちょっと面倒。ウエットティッシュさえあれば、座席で済ませることができますし、衛生面でも安心です。

車内は乾燥するので、飴を持っていくのがオススメです。

文庫本

持ち歩くのに便利な文庫本を1冊荷物に入れておくことをオススメします。ひとりで移動する時にはもちろんですが、長時間の移動となると、友人や家族とでも静かに過ごす時間が出てくることもあります。

ぼーっと景色を眺めるのもいいですが、お気に入りの本、読みたかった本をゆっくりと読むことができるのも、電車移動ならではの楽しみ方です。

マスク

ゆっくりと眠りたいという人にはマスクがオススメです。車内は乾燥しています。乾燥から喉と鼻を守り保湿することで、ぐっすりと眠ることができます。

お気に入りのアロマオイルがある人は1~2滴垂らすことで、よりリラックスできるのでオススメです。

ネックピロー

長時間同じ姿勢でいると、腰や肩が痛くなりますよね。ネックピローは寝る時にも便利ですが、腰あてにもなるので腰痛緩和にも役立ちます。

カーディガンやストールなど羽織る物

冬は足元が冷えたり、夏は冷房が強かったりすることのある電車の車内。体温調節のできるものがあると快適に過ごすことができます。薄手のカーディガンやストールなどを荷物に入れておきましょう。

快適に過ごせる座席の場所

上記のグッズを準備し、電車に乗り込みます。座席位置は車内中程がオススメです。ドアの開閉でバタバタすることなく、開閉による寒暖差を感じることもありません。

大人数で座席を向かい合わせにする場合、酔いやすい人は進行方向を向いている座席に座りましょう。後ろ向きに進む形に座ると酔いやすいので注意が必要です。

座席を確保し、上のグッズを準備しておけばもう大丈夫です。あとは、おしゃべりに読書、食事に睡眠と思い思いに時間を過ごしてください。

電車内での注意点

快適に過ごそうとするあまり、周囲への配慮を忘れている人を見かけることも多くあります。座席に寝そべるように座ったり、周囲に迷惑になるほど大きな声で話をしたりする人がいます。

電車は自宅ではなく、公共の場です。自分の座席だからといって何をしてもよいというわけではありません。

長時間の移動であるのは周囲の人も同じです。みんなが快適に過ごせるよう、周囲の人への配慮を忘れないことが大切です。

おわりに

この方法を実践することで、バタバタ立ち歩くことがなくなり座席にゆったりと座っていられるようになります。落ち着いて過ごす時間が長くなることで、快適に過ごせるようになりますよ。

長時間の電車移動が快適になることで、疲れも軽減されると思います。ぜひみなさんも参考にしてみてくださいね。

(photo by 足成)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。